アメリカ法人設立

アメリカ法人設立

アメリカ 会社 設立

シェルダン・ナイドル10/11,2016; 新アメリカ共和国設立に向かう世界の動き

詳細について アメリカ 会社 設立



どのような会社であっても、必ず定款というものが存在しています。この定款というのは社則などとは違っており、さらに重要な存在となってくるのです。会社設立をする際には必ず定款を作成しなければならず、正しい内容で認証を受ける必要が出てきます。

ここで初めて会社設立を行うための次のステップを踏んでいくことができるのですが、これがなかなかに難しく定款の作成で会社設立を諦めてしまう人がいるほどです。定款というのは何を決めればよいのか、どんな内容でまとめれば良いのか等が分からない時には、会社設立のプロである税理士に相談していきましょう。

税理士といえば会社関係のお金に関するプロだと思われてしまいがちですが、それだけではないのです。会社設立においても会社設立後のお金の流れをスムーズにしていくため、税理士の知恵を借りながら、様々な項目を考えていくと良いです。また税理士は会社設立のプロですので、税理士に依頼することによって定款を考えてくれるだけでなく、その他の手続きにおいてもスピーディーに短期間で行ってくれるメリットがあります。

会社設立までの期間がかかってしまうとコスト削減にならず、人材募集をする際などにも余計な時間を必要としてしまいます。スピーディーに会社設立を行いたければ、各種手続きなどを税理士に任せて、その間、自分自身は人材募集などに時間を割くことができるでしょう。自分の会社ではあるものの、会社設立のプロである税理士との信頼関係を結んでおけば、どんなときでもわからないことは相談しながら会社を成長させることができます。

Source: http://www.j-connection.com/am_corporation1.htm



アメリカ(カリフォルニア州)での会社設立方法

アメリカでの法人設立サービスを行っている団体・個人は増えましたが、その後のビジネスをどのように展開なさるか。これを考慮してアメリカでの第一歩をどこに依頼するのがベストかお決めください。

1)Incorporation Worksheetを作成する Incorporation Worksheetに会社や取締役などの必要な情報を書き込み、弁護士やコンサルタントに手続きを依頼します。

会社設立に必要とされる書類の不備があったために、手続きが潤滑に進まないなどのリスクを回避するためにも、弁護士に依頼した方が確実です。

アメリカの弁護士は専門分野によって別れていますが、ビジネス法の弁護士に依頼します。費用は、どこまでを依頼するかにもよりますが、1000ドル〜5000ドル見積もっておく必要があるでしょう。

2)会社名を決定する 会社を設立する州において、既存の会社名と同じだったり、似たような名前がある場合はその名称は使用できません。カリフォルニア州の場合、Webサイトで調べることができます。すでに名称が使用されている場合は、(A)全く異なった名前にする (B)ビジネス内容を示す他の単語をつけて違う会社であることを明確にする (C)名前を買い取る このいずれかを選択することになります。名称が使えることが分かったら、すぐに定款を登録するか、定款を提出するのに時間がかかる場合は、予約をします。予約は60日間有効で費用は10ドル。

3)SOS(Secretary of State Office)におけるArticle of Incorporate(定款)を登録する 普通株式1種類だけの発行であれば、日本と比較しても簡単です。

4)取締役を選任する 通常依頼者から指示されたとおりに発起人(通常は弁護士)が、当初取締役を選びます。発起人が定款の記録年月日、取締役を記載して署名し、指名された取締役が取締役就任届け(Director Acceptance)に署名して就任が終了します。

5)第一回取締役会の開催する 実際には会議を開かなくても支障はなく、書面決議が認められています。取締役会に代わる同意書(Weitten Consent in lieu of Board of Directors Meeting)を用意することができます。

6)Statement of Informationに申請する 定款登録後に、Secretary of State Officeから記入用紙が送られてきます。取締役や役員の名前、住所を書いて返送し登録します。カリフォルニア州内の法人の場合、Statement of Information申請は、法人設立後90日以内に初回の申請を行う必要があります。

7)Federal Tax IDナンバーを取得する Federal Tax IDがないと、銀行口座をひらくことができません。官庁関係の手続きも必要です。このナンバーの申請のためには、SS-4フォームに記載し、郵送します。郵送先は、下記サイトを参照してください。アメリカ国内に住所がある事業であれば、オンライン申請も可能です。記載内容は、会社名、住所、役員の名前と住所、簡単なビジネスの概要です。気をつけなければならないのが、会社の責任者(通常は社長または財務担当重役)のソーシャル・セキュリティ・ナンバーが必要とされます。これがない場合は、個人納税者番号(Individual tax identification number)を取得します。この手続きには数週間要するので、会社を設立が決まり次第、早めに準備します。取得には、W-7フォームを提出します。

8)株式を発行する アメリカの証券法はとても厳密で、連邦段階の証券法と州段階の証券法の両方の要件を満たす必要があります。原則として証券の売買は禁止されています。ただし、親会社が資本金として子会社の株式を購入する場合は証券法の例外になりますので、問題はほとんど発生しません。外部からの出資、ストックオプションを従業員に発行、上場も目指すなどの場合は注意が必要です。

9)Sate Tax IDナンバーを取得する 雇用者は、従業員の給料から失業保険と障害保険の掛け金を源泉徴収してEDD(Employment Development Department)に払い込む必要があります。そのためにSate Tax IDが必要になります。DE-1フォームをEDDに郵送またはFAXし、Sate Tax IDを取得します。農業や非営利団体などは、書類が別な物になります。

10)BE-13もしくはBE-13 Exemption Claimを提出する BE-13とは、外国資本がアメリカに入ってくる動向を調査するための書類です。株式の10%以上を外国人または外国の法人が取得する場合、その投資を受け米国の会社はBE-13を経済分析局(Bureau of Economic Analysis)に届け出る義務があります。日本の法人が米国で100%子会社を設立すれば当然この義務が課せられますが、例外があり、投資先である鯨酷の会社の総資産価値が300万ドル以下で200エーカー以上の不動産をアメリカに所有していなければ届け出の義務は免除され、免除されていることを届け出るBE-13 Exemption Claimを提出します。

11)ビジネスライセンスを取得する オフィスを構える市に届け出をして、ビジネスライセンスを取得します。ビジネス税の金額は市ごと、ビジネスの規模で異なります。

12)Fictitious Business Nameを登録する Fictitious Business Nameとは、ビジネス上で使う略称、通称のことです。例えば、レストランを経営する会社が新規開店のレストランに本来の会社名ではなく、別の名前を用いる際に、略称や通称名をカウンティ(郡)に登録する必要があります。登録する際に、新聞などにFictitious Business Nameを使用する旨の通知広告を出した証明書が必要です。 ★略称名、通称名を商品の名前に使っていれば商標、サービスに使っていればサービスマークとしての価値があります。これらを適切に保護するためには、特許事務所(Patent and Trademark Office)に登録します。

13)Business Propartyを申請する ビジネスでの使用を目的としたすべての器材、備品、必需品などをカウンティ(郡)のASSESSOR's Officeに申請します。

14)通販許可を取得する 通販許可(Seller's Permit)は、カリフォルニア州内で物品を販売するビジネスに求められる許可です。通販許可の申請は税務当局(Board of Equalization)に対して行います。物品を販売する場合、消費税を徴収して税務当局に納入する必要があります。販売時はもちろん、消費税の支払いを免除されるためにも�

Source: http://www.technical-dive.com/

www.coop-menkyo.jp