ネット 会社 設立

ネット 会社 設立

ネット 会社 設立

株式会社の設立手続きの概要

詳細について ネット 会社 設立



会社を設立するということは、登記申請をするということです。設立登記をすることにより法人格を取得します。

行政書士が行えるのは、会社の定款作成までです。そのため、登記申請書を作成することも、登記申請をすることも違法行為(非司法書士行為、略して非司行為)となります。行政書士が行なうことが出来る定款を作成しただけでは会社を設立したことになりません。

また、提携している司法書士・弁護士がいるなどといった仲介を行う事務所も存在しますが、この仲介・紹介業も司法書士法違反にあたりますので、違法行為となります。

当サイトは、有資格者のみを掲載していますので、安心してご依頼頂けます。

司法書士法の規定 司法書士法73条1項には、他の法律に別段の定めがない限り、司法書士または司法書士法人でない者は、次に掲げる業務を行ってはならないと規定されています。 登記に関する手続について代理すること 法務局または地方法務局(登記所)に提出し、または提供する書類または電磁的記録を作成すること この規定に違反した者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます(司法書士法78条1項)。  

Source: http://www.tetuzuki.net/job/companymethod.html



新会社法って何?

会社法が、2006年5月1日に施行されました。

会社法の改正は、実に100年ぶりとのことで、時代の移り変わりに旧法がついていけなくなったということですね。

特に、株式会社は制約が多く、資本金だけではなく取締役の数も決められ、役員も1〜2年ごとに改選して登記するなど、とにかくいろいろと厳格に扱われていました。

新会社法の改正で、これまでと一番大きく変わっているのは次の点です。

新会社法で有限会社制度が廃止されたことによって、これまでの有限会社がどうなるのか、気になるところですね。

「特例有限会社制度」によって、有限会社の商号をそのまま使うことができるのです。

もちろん、株式会社に移行してもかまいません。

新会社法によって、既存の有限会社の規制が強まることもありません。 ただ、新たに有限会社が設立できなくなっただけなのです。

新会社法のメリットとデメリット

新会社法は、これから起業しようとしている人や新たに会社を起こす人にとって、とてもメリットが大きくなりました。

新会社法の最大のメリットは、「最低資本金制度」の撤廃でしょう。

これまでは、事前によく似た商号がないか、確認する必要があったのですが、それがなくなりました。

ただし、大手企業の会社名と同じものにするのは「不正競争禁止法」に違反するので禁止です。

新会社法のメリットの3つめは

有限責任で、なおかつ自由度の高い会社組織を作ることができます。

新会社法のメリットの4つめは

これを請求するのに金融機関が渋ったり、手続きや費用に時間やお金がかかった

Source: http://s-touki.jp/

免許合宿