株式会社の資本金は1円から設立可能?春日井市、小牧市対応の起業相談

株式会社の資本金は1円から設立可能?春日井市、小牧市対応の起業相談

1 円 株式 会社 設立

株式会社の資本金は1円から設立可能?春日井市、小牧市対応の起業相談

詳細について 1 円 株式 会社 設立



資本金1円の株式会社設立の問題点

株式会社設立を行うためには、過去には最低資本金が1,000万円と定められていましたから、ハードルは少し高かったと考えられます。 しかし、現在ではこのような規制はなくなりましたから、資本金はいくらでも良くなりました。 極端に言えば、1円の資本金だけで株式会社設立をすることも可能です。 お金がないからこの方法を選ぼうと考える人もいるとは思いますが、実はそれにはもちろん問題点があります。

まず、認可の必要な事業を行えない場合があります。 派遣業や建設業などを行うためには申請を行わなければなりませんが、このときに資本金での基準が定められていますから、1円しか資本金のない会社では認可が下りないことがあるのです。 認可の必要な事業を行おうと思ったときには、その基準がどれくらいなのかを把握しておくことは必要です。 公的な機関がこのような基準を設けているのとともに、民間の企業も何らかの基準を設けていることも多いです。

たとえば、ある企業では資本金が300万円未満の会社とは取引しないと決めています。 すべての企業がこのような基準を定めているわけではありませんが、大手の企業なら何らかの基準を定めていることが多いです。 ですから、株式会社設立の時に資本金を小さくしすぎると、取引先が制限されてしまうという問題点が生まれます。 普通に考えて見て、資本金が1円しかないというのは、ふざけているとしか思えないのではないでしょうか。 あるいは、あまりにもお金がなくて仕方なくそうしたととらえられるかも知れません。 どちらにしても、会社の情報を見たときに資本金が1円しかないことがわかると、そんなところとは取引したくないと考えるのは自然なことでしょう。 お客さんとしても同じように考えるでしょうし、職を探している人もそう感じるでしょうから、問題点ばかりであることが分かると思います。

ですから、株式会社設立をするときには、あまりにも資本金が少なすぎると問題があると考えておかなければなりません。 極端に少ないと問題がありますから、やはりある程度は準備しておくべきでしょう。 しかし、高すぎるのは問題で、たとえば資本金が1,000万円以上になると消費税を納めなければならなくなりますから、キャッシュフローの面でも事務手続きの面でもデメリットがありますし、また法人住民税も跳ね上がると言うことも頭に入れておかなければなりません。 ですから、株式会社設立をするときには、数百万円くらいに設定しておくのが良いと考えられます。

Source: http://www.e-kaisya.jp/setsuritsu/new_kaisya.html



新会社法とは?

資本金1円からでも、役員1人でも、個人事業主でも、株式会社を設立できるようになりました。独立、起業を考えていたが、資本金がネックで断念していた方、役員が揃わなかった方、個人事業主だからあきらめていた方も大丈夫です。

資本金はいくらでも(最低1円でも)いい 今までは、株式なら1000万円、有限なら300万円が必要でした。また、確認会社(1円会社)の制度を利用すると、5年以内に株式なら1000万円へ、 有限なら300万円への増資が必要でした。新会社法では、増資の必要もなくなりました。資本金を用意するのがネックだった方も、会社が創りやすくなったというわけです。 役員は1人でもいい 今までは、株式会社は、取締役3名、監査役1名の最低4名の役員が必要でした。新会社法では、取締役1名のみでも大丈夫です。監査役は入れても入れなくても大丈夫です。無理に、家族、知人に頼まなくてもよくなりました。 役員の任が最長10年に 今までは最長2年で、メンバーが変わっても変わらなくても、手続きが必要でした。その度に、印紙代1万円がかかりました。新会社法では、最長10年にできます。特に1人で始める方は、お得な制度です。 資本金払込み手続きが簡単に 今までは、設立途中の金融機関への資本金払込み手続きが面倒でした。まず引受けてくれる金融機関を探し、そこに1000万円なり、300万円なりを入れ、手数料も取られ、しばらく引き出しもできない。新会社法では、この手続きは不要で、簡単になりました。しばらく寝かせることもありません。最短その日に引き出しできます。 個人事業主でもそのまま法人化が可能 確認会社(1円会社)の制度では、そのまま1人では創ることができませんでした。新会社法では、廃業届を出す、裏ワザを使うなどをしなくても、そのまま法人化できます。 有限会社は廃止 新会社法では、株式会社に統一されました。 今までの有限会社は、そのまま「特例有限会社」として存続します。 有限会社としてのメリットを感じている方は、特に変更手続きなどはありません。 確認会社(1円会社)の制度も廃止 新会社法の施行で、確認会社の制度は終了しました。今までに確認会社を創った人も、5年以内の増資の必要がなくなりました。ただし、何もしなくてもいいわけではなく、定款の最後の方にある「5年以内に増資しなければ解散する・・・」という文章を削除する手続きが必要になりました。 合同会社(LLC)の新設 有限会社が廃止の変わりに、新しく合同会社(通称LLC)という制度ができました。「合同」といっても、株式会社と同じで、1人でも設立できます。設立費用が、株式会社に比べ低いため、最初の費用を抑えたいとか、節税対策のために2社目、3社目を考える人にはお勧めです。

確かに資本金1円からでも会社設立できますが、創業当初の経費は資本金から出ることになるので、当面の経費を計算して資本金を決める必要があります。

また、メンバー構成次第で、今まで使えた節税対策が使えなくなるかもしれません。

これを考えて資本金の額、出資者を決めましょう。

Source: http://desmoinesrugby.com/establishment/

パンチラ