NPO法人で起業する?

NPO法人で起業する?

Npo 法人 設立 費用

エストニア法人設立の手順Corporate tax法人税0%は世界一優遇されている

詳細について npo 法人 設立 費用



NPO(Non Profit Organizationの略)は「特定非営利活動」と訳され、得た収益を構成員に分配せずに、主に事業活動に充てる活動のことを意味します。よく「NPO法人は利益をあげてはいけないのか」という質問を受けることがありますが、そんなことはありません。財政基盤を固める為にも、しっかりとした収益を上げることが必要です。

NPO法人を設立する場合と株式会社を設立する際の大きな違いは、「資本金、登録免許税、定款認証手数料がかからない」という事です。

NPO法人設立にかかる主な費用は以下の通りです。

・設立登記申請時に使用する法人の実印作成費用:数千円~数万円

・役員の住民票の取得手数料:1通300円 ※地域によって多少の誤差あり

・NPO法人設立後に法人設立届や銀行口座を作る際に必要になる登記簿謄本:1通600円

NPO法人設立に必要な条件

という条件を満たしていることが必須条件になります。 さらに、都道府県ごとに定められた要件がありますが、詳しくは各都道府県の役所のホームページ等をご覧いただくか、当事務所までお問い合わせください。

※北海道の特定非営利活動法人の手引きはこちらから (http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/dms/np/tebiki-seturitu-all_H27.pdf)

NPO法人設立の流れ※当事務所では、NPO法人設立に詳しい行政書士と連携し、スムーズに手続きを進めていくことが可能です。

Source: http://www.tazawa-office.jp/page-28/page-128



NPO法人とは

NPOは、「Non Profit Organization」の略です。

日本語で言えば、特定非営利活動と言う事になります。

非営利団体と言っても、一切の利益や収益をあげてはいけないので無く、利益や収益を構成員に分配せずに、事業活動や目的に充てると言う事です。

法人格をもつには、事業を行う管轄の所轄庁に申請書を提出し、認可を受ける必要があります。

申請し登記を済ませNPO法人になれます。

法人になると、主な公共の契約など法人名で活動ができるし、法人実績により社会からの信用を大きく獲得できる様になります。

NPO法人設立を行う事業所は年々増加するばかりです。

その為に、受給できる助成金などは狭き門となりつつあり、資金繰りに苦戦するNPO法人も多くあると言うのが現実だと言う事も覚えて置いてください。NPO法人設立したら後は勝手に進むと思っている方がいたとしたら勘違いですよ。

運営継続には、それなりの事業努力が必要と言う事になります。

Source: http://www.tetuzuki.net/job/npohojinseturitu.html

パンチラ