「NPO法人について知ろう」ゲスト・駒崎弘樹

「NPO法人について知ろう」ゲスト・駒崎弘樹

Npo 設立

NPO法人登記編

 認証が終わったら(認証通知受領)、2週間以内に管轄する法務局で法人登記をします。都道府県知事の認証の場合は、事務所の所在地を管轄する法務局で、内閣府認証の場合は、主たる事務所の所在地を管轄する法務局で登記した後2週間以内に、従たる事務所の所在地を管轄する法務局へも登記が必要になります。

【設立登記申請に必要な書類(各1部)】 (主たる事務所の所在地を管轄する法務局へ)【設立登記完了届に必要な書類】(所轄庁へ)

1.設立登記申請書 ・登記事由と認証書到達の日付は同一にしておけば間違いはありません。 ・申請人欄の肩書きは、法人内では理事長・代表理事でも登記上は単なる「理事」になりますので、「理事」と記載します。 ※指定された用紙はありませんが、用紙サイズB5/文字サイズ10.5〜12/余白:前後左右20程度を推奨

2.登記用紙(OCR用紙) 用紙は法務局でもらえます。 間違えたときのために余分にもらっておくと良いでしょう。 ←クリックすると拡大できます。 【プリントするときの設定】(word) ・用紙サイズB5 上記の設定で、あとは普通にプリントアウトすれば大丈夫だと思います。 ずれる場合は適宜調整してください。

3.印鑑(改印)届書 法人の代表者印を届け出る用紙です。 これも法務局に行けば配布していますので、余分にもらっておきましょう。 画像はありませんが注意事項だけ。 ・住所は登記申請書と一字一句の間違いも無いように ・資格は理事長であっても「理事」で ・提出者の住所は、印鑑証明書と同一の住所で、一字一句の間違いのないように記載 ・提出者欄の印鑑は、個人の実印を押印します ※代表者の印鑑証明を添付

4.設立認証書のコピー+原本 認証書のコピーに原本証明を記載したものと、原本を持参 ■原本証明とは? 提出する書類が原本に相違いないことを証明するもので、法人印の申請をする代表者(理事長等)が証明し、法人印(実印)を押します。「原本持って行ってコピーを見れば分かるのでは・・・」と思うかもしれませんが・・。代理人が申請をする場合も、原本に違いないことを証明した法人印の申請をする代表者が証明し、法人印を押します。原本証明の必要な各書面の空白部に下図の内容を手書きまたはプリントします。 ※記載項目:「資格(理事)」、「氏名:代表者名」、「印鑑:法人代表者印」 例:   ク リ ッ ク

5.定款のコピー+原本 定款のコピーの表紙または最後頁に原本証明を記載さいます。

6.代表権を有する者の資格を証する書面のコピー+原本 理事の就任承諾書及び誓約書のコピーに原本証明(監事は必要ありません)

7.設立当初の財産目録のコピー+原本 設立当初に法人が所有している財産目録のコピーに原本証明

用紙サイズB5/文字サイズ10.5〜12/余白:前後左右20程度を推奨

10.代表者の実印 印鑑届書に押印が必要(代表者個人の実印)

11.理事会または設立総会の議事録 定款に最小行政区画まで事務所の所在地を記載し、地番まで記載してある場合は不要。

3.登記事項証明書(上記2)の写し 事務所数+1部5.設立の時の財産目録 事務所数+1部お問い合わせについて

電話番号: 東京03-3513-5252 埼玉049-291-2311  FAX: 03-3513-5259 ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

Source: http://www.npojp.jp/touki/



動画を見ます npo 設立

「NPO法人について知ろう」ゲスト・駒崎弘樹

詳細について npo 設立

お客さまの設立するご予定のNPO法人に合わせて、定款を含めた設立書類の作成、行政庁との打合せ、認証申請書類作成と提出の代行まで、NPO法人の認証手続きをサポートいたします。

こんな方にオススメします

NPO法人の設立を考えているが、設立手続きや認証申請に必要な書類の作り方がよくわからないので、相談しながら法人の設立を進めたいという方。最後の設立登記申請は自分で行なうが、定款の作成を含めた行政庁との設立認証手続きを代行・サポートしてもらいたいという方。

設立認証サポートの内容

必要となる諸費用や期間などを以下でご説明いたしますが、よくわからない箇所がございましたら、お電話にてお気軽にお問合わせください。

サービスには直接のご相談が含まれますので、NPO法人の設立前にご不安・疑問をお持ちのお客さまも、安心して法人の設立手続きを進めていただけることと思います。

サービスに含まれるもの

各サービスに含まれる業務内容の違いにつきましては、NPO法人設立業務・報酬額一覧をご参照ください。

基本料金とNPO法人の設立までに必要な諸費用

上記の基本料金に加え、NPO法人の設立までには、通常下記のような諸費用と法人の実印(理事印)作成代が必要となります。

設立認証サポート利用時 サービス料金 150,000円 定款認証手数料※ なし 印紙代※ なし 登録免許税(登記) なし 合計 150,000円

※NPO法人は定款認証が不要で、かつ定款に印紙40,000円を貼付する必要がありません。また、設立登記の登録免許税も非課税扱いとなっています。

必要な期間NPO法人設立までの主な流れ

設立認証サポートをご利用いただいた場合、NPO法人の設立手続きは、主に次のように進みます。

初回ご相談時に必要なもの

設立認証サポートをご利用いただく場合、初回のご相談時に以下のものをご持参いただきますと、その後のお手続きがスムーズに進みます。

運転免許証等のご本人さまを確認できる書類 ご印鑑(ご相談時には、お認印でも問題ございません)

Source: http://www.npo-hajimeru.net/ninsho-support.html

panchira-gazo.biz