会社 作り方 1 円

会社 作り方 1 円

会社 作り方 1 円

外国人の会社設立1

詳細について 会社 作り方 1 円



「会社設立をする予定だが、税理士に依頼するべきか、司法書士や行政書士に依頼するべきかがわからない」「株式会社の設立をしたいけれど、どのくらいの費用がかかるのかを知りたい」「起業をしたいけれど自分だけでは準備をすることが難しく、税理士にお願いしたときの報酬を知りたい」このようなお悩みを持つ方に向けて、会社設立にかかる費用や起業支援での税理士報酬の相場などをご紹介いたします。

会社設立にかかる費用自分で会社設立をする場合の費用

書類を準備するなどの手間はかかるものの、会社設立手続きはご自分で行うことも可能です。ここでは最も設立件数の多い「株式会社」の設立に関わる費用をご説明します。

定款認証印紙代とは、作成した定款を公証人役場で認証してもらう際に定款に張り付ける印紙代で、定款認証の手続き時に用意する必要があります。定款認証手数料も同様に手続き時に支払う手数料で、認証にかかる5万円と謄本の交付にかかる1枚あたり250円(おおよそ2000円)が必要となります。登録免許税は会社の登記や登録について課税される税金で、資本金額の1000分の7か15万円に満たない場合は申請件数1件につき15万円が必要となります。

税理士に会社設立を依頼する場合の費用

会社設立手続きは税理士に依頼することもできます。ただし、設立登記手続きは税理士自身で行うことができないため、司法書士に行ってもらうことになります。税理士に「会社設立」の手続きを依頼する場合の費用の相場をご説明します。

定款認証はデータでの認証手続きもでき、紙に出力する場合に必要となる印紙代の4万円が必要なくなります。この手続きは電子証明やソフトウェアが必要となり一般の事業者の方が行うことは手間とコストがかかってしまいますので、会社設立手続きの専門家が行うことが一般的です。その他に、自分で設立手続きを行う場合との違いは司法書士、税理士といった専門家への手数料となります。

税理士に依頼するほうが設立費用を安く抑えられる?

税理士に会社設立を依頼した場合の手続きにかかる費用は、前項に記載した費用が相場ですが、税務顧問も同時にご依頼いただくことで安く抑えられることもあります。税理士や司法書士の手数料を差し引いて、株式会社の設立で総額20万円強というケースもあります。会社設立後は税務に関するご相談がどうしても出てきますので、税務顧問も同時にご依頼いただくお客様も非常に多いようです。

会社設立・起業支援の税理士費用の相場税理士への顧問契約をする場合

起業をする際に主に必要となるものは事業計画書(創業計画書)です。融資を受けるためにも必要となる大事ですが、初めて起業をする方には、どういった事業計画書を作ればよいかがわからない方もいらっしゃいます。また、会社設立手続きをする際にも、その手続き方法がわからない場合もあります。

これらの業務を支援できる代表的な専門家が税理士です。もし、起業にあたって税理士との顧問契約を考えているようであれば、これらの起業支援にかかる報酬は無料か大幅な割引が期待できます。

起業後は月々の帳簿作成や確定申告、決算申告といった作業が必要となり、どうしても税理士が必要となる場面も出てきますし、税理士にとってはそちらが本業になります。

起業支援はあくまで付随業務であるため、顧問契約をしてもらえるならば、付随業務は全て含めてサービス提供をするという考え方の税理士が多いためです。

また、設備投資や不動産契約など何かと費用がかかることも税理士であれば知っているため、できるだけ起業される方の負担を減らしたいという気持ちの表れでもあります。起業の支援を税理士に依頼したい場合は顧問契約も一緒に検討されることをおすすめします。

スポット業務として依頼する場合

まずはスポット業務として起業支援を依頼したいという場合には、以下の料金が相場となります。あくまで相場ですので具体的な見積を希望される場合は税理士に直接聞いてみることをおすすめします。

会社設立を税理士に依頼するメリット会社設立手続き以外のサポートもできる

会社設立の手続きだけを依頼するときは司法書士や行政書士に依頼した方が良いかもしれません。しかし、会社設立手続きだけではなく、設立前後に考えるべきことや設立後の手続きに関しても、税理士はトータルでサポートができます。

税理士であれば、会社設立前には、そもそも会社を設立するべきかどうか、税金はどのくらい必要になるのかといったアドバイスをすることができます。また、会社設立後には役員報酬の取決めや税務署などへの届出なども一括して行うことができます。

なお、会社設立後の手続きに関しては、設立からいつまでに行わなければいけないという期限が設けられているので、自分だけでは対応することができないという場合は早目に税理士に相談することをおすすめします。

税務申告まで依頼できる

ほとんどの会社は、設立から1年が経った後(決算月を設立から1年後にしていない場合はさらに早く)に決算申告をする必要があります。個人の確定申告と違い、法人の決算は煩雑で難易度が高く、特に初めて事業を行った場合などは、自分で申告書を作成することは非常に難しいと言われています。

そのときに改めて税理士を探すこともできますが、慌てて探す必要があったり、なかなか良い税理士が見つからないという事態も考えられます。そこで、会社設立時から税理士に顧問をお願いしておけば、改めて探す必要はなく、また会社の状態も把握した上で決算申告に取り掛かることができるので、作業がスムーズになることや利益が出ている場合には節税対策も行いやすくなります。

会社設立をする方に向けたパッケージメニューを用意している税理士もおりますので、まずは税理士に話を聞いてみることをおすすめします。

Source: http://nobeoka-setsuritsu.com/faq2.php



以前は資本金を1000万円以上用意しないといけなかった株式会社も、新会社法により資本金1円から設立できるようになりました。

しかしながら、全ての手続を自分でするとしても、約24~25万円ほどの費用が必要となります。 では、どのようなものに、どのくらいの費用が必要になってくるのでしょうか?

上記の図の通りご自身で会社を設立するには、

が必要となってきます。 また上記の他に、

定款は電子定款で作成することにより4万円の印紙代は必要なくなります。

電子定款をご自身で作成することはできますがAdobe AcrobatやICカードリーダなどの設備(計約4万円程度が相場)とそれ相応の知識が必要になります。

弊社では電子定款での作成を行っており、起業家応援パックの会社設立手数料は0円にてサービスを提供しておりますので是非ご活用ください。

Source: https://www.zeiri4.com/c_4/c_1058/

http://1or0.info