【無料ツール】5分で会社設立に必要な書類が集まる無料ツール

【無料ツール】5分で会社設立に必要な書類が集まる無料ツール

会社 設立 に 必要 な 書類

投稿 2015/01/13 編集 2015/02/24 会社設立後に提出が必要な書類はなんですか? ツイート 会社設立後に提出する書類は、下記の通りです。提出先によって必要な書類や提出期限が異なりますので、事前に確認をし、準備をすることが大切です。 【税務署に提出】 法人設立届出書 青色申告の承認申請書 給与支払事務所等の開設届出書 【税務事務所に提出】 法人設立届出書(東京23区の場合、事業開始等申告書) 【市区町村役場】 法人設立届出書 以上が主なものですが、これら以外にも場合によって提出書類が増えます。 【詳しく回答を見る】 会社設立後、提出が必要な書類 必要に応じて提出する書類 まとめ

会社設立後、提出が必要な書類

会社設立をした方であれば、必ず提出しなければならない書類があります。「法人設立届出書」「青色申告承認申請書」「給与支払事務所等の開設届出書」。この3点をまずはおさえましょう。

法人設立届出書

税務署・税務事務所・市区町村役場へ提出します。

税務署へ提出するときは、登記簿謄本・定款の写し・株主名簿・設立時の貸借対照表などを添付し、設立後2か月以内に提出します。

税務事務所・市区町村役場へは、登記簿謄本・定款の写しを添付します。市区町村役場へは設立後2か月ですが、税務事務所への提出期限は都道府県によって異なりますので、ご確認ください。

青色申告承認申請書

税務署へ設立後3か月以内に提出します。 ただし、設立から3か月以内に決算日を迎える場合は、決算日までに提出する必要があります。

給与支払事務所等の開設届出書

税務署へ最初の給与支払日までに提出します。 1人で個人事業をしている場合と異なり、会社では社長へも給与支払をしますので、社長1人の会社であっても届出が必要です。

必要に応じて提出する書類

上記の3つの書類以外にも、必要に応じて提出すべき書類が複数あります。ご自身の場合は、必要か不必要かをしっかりと確認をしてください。

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

会社が支払う給与から控除する源泉所得税は、原則として、会社が毎月、納税者に変わって納付しなくてはなりません。給与の支払を受ける従業員が常時10人未満の場合、この申請書を税務署に提出すれば、半年分をまとめて年2回の納付でよくなります。

資産がある場合

資産を持って会社を運営する場合、第1期の確定申告書の提出期限までに税務署に提出しなくてはならない届出書があります。

棚卸資産の評価方法の届出書

小売業・卸売業など、棚卸資産を持っている場合、評価方法を決めなく�

Source: http://setsuritsu.ii-support.jp/kabushiki/syorui/



動画を見ます 会社 設立 に 必要 な 書類

三鷹市 会社設立 行政書士 資金繰り 必要書類 印鑑証明書 種類 決算書

詳細について 会社 設立 に 必要 な 書類

株式会社設立に必要な書類は?

株式会社設立登記及び登記に必要な定款の認証手続に必要な書類は下記のとおりです。

株式会社設立にはとても多くの書類が必要になります。設立する形態(取締役会設置の有無や現物出資の有無)によって記載内容や必要書類が大きく変わってきますし、その書類に記載される内容に間違いがあると会社そのものが設立できなくなりますので、細心の注意を払って書類作成・準備に取り組むことが必要です。

甲子園法務総合事務所に株式会社設立手続をご依頼いただくと、、

上で記載した必要書類はすべて作成代行いたします!

甲子園法務総合事務所に合同会社の設立手続をご依頼いただいたお客様は、株式会社設立に必要な書類一式をすべて弊社にて作成し、提出の代行もいたします。お客様に行っていただくことは「印鑑証明書を集めていただく」などちょっとした作業のみ。他の事務所ではサービス外になっていることが多い「法務局への登記申請」も弊社提携の司法書士と協力して追加費用なしで完全代行! 「書類の提出はお客様でお願いいたします」なんて中途半端な仕事はいたしません。

書類作成や役所回りから開放されることにて生み出される時間は、「事業準備・営業活動」や「従業員教育」「金融機関との融資手続打ち合わせ」など経営者の方にしかできないお仕事にお使いください。

株式会社の作り方・株式会社の設立手順

 株式会社を設立するには、このHPで説明しているように、非常に多くの書類を作成しなければなりません。もちろん、設立書類の雛形は、ちょっと大きな書店に行くと「会社設立」のマニュアル本が山のように売られていますし、私のようにHPで情報を提供しているようなところもあります。

 しかし、手慣れた人が書類を作成・準備するのならともかく、はじめての人が一からすべて間違いなく、しかも短時間でそろえることは、大変骨の折れることです。とても疲れます。

 苦労して書類を一から作り、公証人役場や法務局で何度も手直しをさせられて、やっと設立登記が完了した会社というのも、「自分が設立した」という愛着が湧き、いいとは思いますが、このHPを見られている方は「会社を設立すること」が商売ではないはずです。設立した会社で事業を興すことが本業ではないでしょうか?

 会社設立手続に何ヶ月も時間をかけるならば、設立後の事業準備のために時間をかけられた方が設立者・そしてそのサービスを受ける消費者にとっても利益となると思われます。

 また、これから会社を経営していくうえで、少なからず専門家に頼らなければいけない部分も出てくるでしょう。早い段階から、そうした方達とつながりを持てるメリットは無視できません。

 甲子園法務総合事務所では、会社の名称・事業目的の決定など「株式会社設立前の準備段階」から専門家ならではの知識を活かしたコンサルティングを行っております。来所いただいての設立相談は無料で承っております。ぜひ弊社の無料相談をご利用下さい。

Source: https://www.kaike1.com/company/procedure-c/company-formation-document-3452

www.ac-sodan.info