誠実な手数料0円の会社設立サービスとは?高額な紐付き税務契約なし!

誠実な手数料0円の会社設立サービスとは?高額な紐付き税務契約なし!

会社 設立 0 円

新会社法は、小泉改革の中のいわゆる商法改正の一環で、2006年5月に施行されました。50年ぶりとなる大規模な商法改正にはさまざまな項目がありますが、ここでは中小企業の方にとくに関係のありそうな内容についていくつかご説明いたします。

【1円の資本金でも株式会社の設立が可能に】

1円資本金会社とは、旧制度では有限会社は最低300万円、株式会社は最低1,000万円必要とされていた資本金(最低資本金制度)を、1円でもOKとするものです。実は1円資本金会社自体は、従前においても特例制度で設立が可能で、設立後5年以内に資本金を最低資本金まで引き上げるという条件で、会社を設立することが認められておりました(確認会社)。

ただし、厳密には、出資の最低額が1円という意味です。設立時の資本金の額は原則、設立に際し株主となる者が払い込みまたは給付をなした財産の額とされます(会社法445条1項)。しかし、発起人全員の同意があれば、この額から設立費用を控除することができます(会社計算規則43条1項3号)。ただし、資本金が0円であっても、株式の引受人は出資をしており、株式は発行されることになります。

【類似商号規制の廃止】

従前は、会社を設立する際にその会社の商号(会社名)を登記する際に、同一市町村内で同じ営業内容としている会社と同一または類似の商号があれば、新しく設立される会社はその商号を使用することができないと決められていました。そのため、これをチェックするために時間がかかる、という弊害がありましたが、今回の改正でこの類似商号禁止の制度が撤廃され、会社設立の手続きのスピードが向上しました。

ただし、同一住所にて登記する他人の商号と同じ商号は使用することができません。また、不正

Source: http://sougyou-hayashi.com/



動画を見ます 会社 設立 0 円

会社設立 手続きの流れ 設立に必要な費用は?税理士法人Yuse

詳細について 会社 設立 0 円

あなたは、こんなお悩みをお持ちではないですか?

これらのうち、1つでも該当するなら、ぜひ私たちにご相談下さい!

自分で会社設立するより、4万円も安くなります!

あなたご自身で会社設立手続きを行うと、書類作成の際に「収入印紙4万円分」が必ず発生してしまいます。

一方、私たちにお任せいただきますと、電子定款というものを用いることができるので、「収入印紙4万円分」が必要なくなり、安くなります。

つまり、あなたご自身で手続きするよりも、私たちにお任せ頂いたほうが、手間もかからず、費用も4万円も安くなり、とてもお得になるのです。

また、私たちは、あなたの状況に合わせて、「法人化すべきか?個人事業主の方がいいのか?」「株式会社がいいのか?合同会社がいいのか?」といった専門的なアドバイスもさせて頂きます。

ご自身で必要書類の作成をはじめ、税金のことなどをすべて考慮して会社を設立するのは難しく、万が一書類にミスがあれば、その度に修正をして、再度役所などに出向く必要があります。

あなたの大切な時間やお金を節約するためにも、会社設立をお考えであれば、まずは私たちに相談されることをお勧めいたします。

税理士に相談しないデメリット、相談するメリット

手数料0円。自分でやるより安く会社設立できます。

※会社設立の際、通常4万円の印紙代が必要になりますが、私たちは「電子定款」と呼ばれるものを使えるので、4万円の印紙代を節約できます。 そのため、ご自身で設立するよりも安く、お手伝いすることができるのです。

起業支援実績100件以上。手続きはすべてお任せください。

ご依頼いただいてから、最短1日で会社設立することができます。 お急ぎの方も、まずはお気軽にご相談ください。

実務経験14年。経営革新等支援機関の認定を受けています。

当事務所の代表、林真一は、14年の税理士経験を積んでおります。 経営革新等支援機関にも認定されておりますので、融資の際の利率や税金面で有利になります。

助成金・創業融資・事業計画書もお任せください。

創業時に申請できる助成金、創業融資についても、サポートさせていただきます。 事業計画書、5カ年計画書といった計画書の作成もサポート致します。

自分でできなかった書類作成~提出まで、迅速に対応して頂けました!

低予算(手数料0円)で設立できたのは、本当に良かったです!

※あなたの状況をふまえ、「株式会社」と「合同会社」のどちらが向いているか?もアドバイスできますので、安心してご相談下さい。

※お客様からのご依頼が重なった場合、先着順で対応させていただいておりますため、お待

Source: http://j-net21.smrj.go.jp/well/qa/entry/Q0021.html

ac-sodan.info