会社設立・法人化 「よく分かる!会社設立マニュアル」

会社設立・法人化 「よく分かる!会社設立マニュアル」

会社 作る 方法

会社設立・法人化 「よく分かる!会社設立マニュアル」

詳細について 会社 作る 方法



会社設立の際に必要になる定款ですが、現在は紙の定款を用意しなくてもPDFで作った電子定款で手続きを行うことができます。

そして電子定款にすると、紙の定款の時に必要な収入印紙4万円が不要になります。そのため、最近では電子定款に関するご質問をとても多く頂きます。

そこで、ここでその方法をご紹介させて頂きます。 スムーズに進めば半日程で電子定款を作ることができるでしょう。

目次:電子定款作成の手順

目次をクリックすると各項目にジャンプすることができます。

はじめに:電子定款は本当に得?

いきなりですが、 私個人としては電子定款をオススメはしていません。 なぜなら、電子定款を作る手間や認証の手続きはとてもややこしいですし、以下のような専用の高額な機器等を用意する必要があるからです。

電子定款の作成に必要な機器等 ・ICカードリーダライタ:            2,000円 〜 6,000円 ・Adobe Acrobat Standard:        34,800円 ・住基カード:                    500円 ・電子証明書:                    500円

そのため、結局、電子定款の方が時間も手間も高くついてしまう場合がとても多いです。しかし、あなたが、既にこれらの機器を持っていたり、定款に関して勉強中の方は電子定款の作成にチャレンジしてみても良いかと思います。それでは、次項から電子定款の作成の手順をご説明します。

0.電子定款作成の前にやるべき2つのこと①定款の作成

まだ定款そのものを作成していない方は『定款作成~19の空欄を埋めるだけの雛形と抑えておくべき8つの注意事項~』を参考にWordで定款を作りましょう。

②電子定款にする前に公証役場で事前にチェック

もし、電子定款の記載に誤りがあるまま承認の申請をすると、また訂正と再申請の手間がかかってしまいます。

そこで、定款を作成したら電子定款にする前に、公証役場や法務局で事前に定款をチェックしてもらいましょう。電話をして「会社設立のための定款を作成したので認証の前にチェックして頂けませんか?」と伝え、FAXかメールで定款を送りましょう。また、電子定款を作成したい旨も伝えて、手続きの方法や流れも聞いておきましょう。

日本全国の公証人役場は下記のサイトで調べることができます。※★がついているのが電子認証を受け付けている公証役場です。

1.Adobe Acrobatで定款をPDFファイルに変換する

電子定款を作成するにはWordで作った定款の原稿を、PDFに変換する必要があります。また、PDF変換ソフトは「電子署名挿入機能」が付いているものでなければいけないため、フリーのソフトでは電子定款を作成することはできません。

電子定款の作成に使える変換ソフトは、Adobe Acrobatぐらいですので、これを購入することが必要になります。

実際の使い方は、「Adobe AcrobatでWordをPDFに変換する方法」をご覧下さい。

2.代表者の住民基本台帳カードを取得する

電子定款を作成するためには、変換したPDFファイルに電子署名をつける必要があります。そして、電子署名をつけるには、次項で説明する「電子証明書の認証」が必要です。さらに、その申請をするために必要なのが住民基本台帳カード(住基カード)です。

住基カードは住民票のある市区町村の役所から交付されます。申請窓口は以下のサイトから調べることができます。

> 住基カード 市区町村交付窓口一覧

住基カードの申請の際には、以下の4つが必要となりますので忘れずに持って行きましょう。

住基カードの取得のために持って行くべきもの ①運転免許証やパスポートなどの証明書 ②手数料(通常500円ほど) ③写真(写真付き住基カードを希望の方のみ) ④交付申請書(窓口で記入)

各自治体によって違いはありますが、住基カードは数十分程度で交付されます。詳しくは、『住民基本台帳カード 総合情報サイト』をご覧下さい。

3.電子証明書を取得する

電子定款にも、紙の定款に実印や署名をするのと同じように、電子署名が必要です。そのために、電子証明書が必要となります。電子証明書とは、実印でいう印鑑証明書のようなものです。

※電子定款への電子署名は発起人全員でなくても代表者だけで構いません。

電子証明書はお住まいの市区町村の窓口で取得することができます。電子証明書の発行手続きの際には以下の4つが必要となります。

電子証明書の取得のために持って行くべきもの ①住基カード ②運転免許証などの公的証明書(顔写真付きの住基カードの場合は不要) ③手数料500円 ④電子証明書新規発行申請書(窓口で記入)

電子証明書の発行手続きが完了すると、電子証明書発行確認票が交付されます。

また、電子証明書は住基カードのチップの中に保管されています。電子証明書を取得した後は、住基カードの保管には一層気をつけるようにしましょう。

4.ICカードリーダライタを準備する

PDFの定款に電子署名をつけるための電子証明書は住基カー�

Source: http://inqup.com/how-to-make-electronic-article



理想的な節税対策の条件とは?

会社の業績をはかる決算。「赤字」は当然つらいですが、「黒字」でも法人税として、利益の約4割も税金として持っていかれるのも頭の痛いところです。

何年も多額の法人税・事業税等を払い続けても、赤字になったからといって税務署は税金を戻してくれません。税務署はいざという時に助けてはくれないのです。

そのため、できるだけ税金を抑える「節税対策」で良い方法はないかと考えるのです。

そこで、理想的な節税対策の条件とはどういったものか考えてみましょう。

   1. 合法的    2. 効率よく経費(損金)をつくる    3. 戻ってくるお金がある

ということになるでしょう。でも、そんな都合のよい方法があるのでしょうか。

⇒ 専門家に相談することが一番です!<>

理想的な節税対策の条件を満たす方法とは?

実は、上記をすべて満たす方法が存在するのです。

それは、保険を使った節税対策(決算対策)なのです。

「保険税務(生命保険に関する税務)」を活用することで、簡単に効率の良い「節税」ができます。

ただ、生命保険といえば「営業がしつこい」とか「死んでからお金が入ってもしかたない」といったことから 生命保険を嫌っている社長さんも少なくありません。

しかし、万一の場合、残された社員や自分の家族のこと、会社の借入金のこと、仕事上の付き合いなどから 社長さんも多かれ少なかれ何らかの保険に入っていることでしょう。

⇒ 保険税務について専門家に聞く!<>

生命保険は合法的で理想の節税対策!

生命保険にあまり良いイメージを持っていないので使わない。それは会社にとって逆に損失だと思ってください。

税務通達によって、生命保険は合法的な理想の節税対策になるのです。

ただ、生命保険が理想的な節税対策になることはわかったとしても、 どの保険に、どのように加入すればよいか悩むところだと思います。

そこで、適切に生命保険を活用するために、企業に向けた適切なアドバイスをしてくれる 保険活用の実績のある専門家と一度相談してみることをおすすめします。

専門家に相談することにより、より確実な節税対策ができるからです。

⇒ 専門家による無料相談はコチラ!

Source: http://insurancelog.com/setsuzei/

別れさせ屋