起業するなら個人事業と法人事業どちらがおススメか?《攻める経営のススメ》【長野経営コンサル】

起業するなら個人事業と法人事業どちらがおススメか?《攻める経営のススメ》【長野経営コンサル】

会社 を 起業 する

起業するなら個人事業と法人事業どちらがおススメか?《攻める経営のススメ》【長野経営コンサル】

詳細について 会社 を 起業 する



業界特化だからこそ 他にはない「強み」があります。

当然のことながら、「会社さえ作れれば失敗してもいいや」と思って起業する方はいません。会社設立はスタートであり、そこから「成功」へ向けたチャレンジは始っていくのです。しかし、スタートは支援しても、そこから軌道に乗るまでの「チャレンジ期」までトータルでサポートしてくれる法律サービスは非常に少ないのが現状です。また、それぞれの「業界」には「業界」特有の事情や慣習があるため、「業界」の特性に詳しくない法律家の杓子定規なアドバイスは、時に現実性を欠いたものになってしまいます。そしてそれは、「ブライダル」ビジネスにおいてもなんら変わりません。BRIGHTは、各種専門家とのネットワークを活かした日本で唯一「ブライダル事業専門」の総合法務サービスです。だからこそ、他には負けない3つの「強み」があります。

BRIGHTのもつブライダル業界人脈を駆使して あなたのビジネスの拡大を全面サポートします

つまり、BRIGHTの「会社設立」サービスは、単に会社を設立するだけでなく、 あなたが「ブライダル」ビジネスで「成功」を収めるために必要な「設立後」までトータルでサポートする、 日本で唯一のブライダル業界に特化した「会社設立」サービスなのです。

お客様の声「会社設立」だけじゃない 10個のコンテンツ

「会社設立」の前後は、希望で胸をいっぱいにさせつつも、やらなければならないことが多く多忙な日々を過ごします。 そんな中、“社長”であるあなたが時間を割いてすべきことは、不慣れな法律手続きでしょうか? …違いますよね?法律に関する手続きはBRIGHTにお任せして、あなたは「集客」に注力し、「営業」を行い、「本業」を軌道に乗せることに集中してください。BRIGHTは、特に大切な起業直後のスタートダッシュを法律面で支援するコンテンツを充実させています。繰り返しますが、「会社設立」はスタートに過ぎません。大事なのは、あなたが「ブライダル」ビジネスで「成功」を収めることなのです。「ブライダル」ビジネスを知り抜いたBRIGHTは“新社長”となるあなたの心強い味方となることでしょう。

軌道に乗るまで完全サポート! BRIGHT プレミアムパック(税抜き)¥500,000 起業する前も起業してからも完全サポート 会社の設立からその後のビジネスサポートまで、BRIGHTの総力を結集して完全サポートいたします。ブライダルビジネスを絶対に成功させたいあなたのための、日本で唯一の会社設立サービスです。 ※上記金額は本サービスに係る報酬の総額を表示したものであり、所定の登録免許税等は別途ご負担をいただく必要がございます。また行政書士や司法書士等の各士業とは、各々の専門業務ごとに個別に契約関係が発生いたします。 ※お申し込みに際しては事前にヒアリングをさせていただき、ご依頼者様のご希望にあわせてサービス内容のアレンジが可能です。お気軽にご相談ください。

Source: http://bright-law.co.jp/promotion.html



「Thinkstock」より
 昨年12月、社長の村上太一氏が史上最年少で東証マザーズ上場を果たしたリブセンス。10月には、東証一部へ市場変更することになり、東証一部でも最年少社長の記録をつくることが話題になっている。  今や、会社設立は資本金1円でも可能となり、起業すること自体は敷居が低くなった。しかし、起業した会社の10年後の生存率はわずか5%といわれる今日、最も難しいのは会社を存続させること。リブセンス成功の裏には、倒産した企業が無数にあるのが現実だ。  そこで今回、20代でベンチャーを起業したものの、数年前、解散に追いやられたA氏に、 「ゼロから起業し、ベンチャーを運営していくということの難しさ」 「会社は、どのように壊れていくのか?」

A氏 大学生の頃、広告の仕事をしたいと漠然と考えていましたが、卒業後にたまたま小さな広告会社に契約社員として入社しました。何年か働いて、ノウハウも吸収したので、フリーランスとして独立しようと考えていたとき、大学の同級生だったBと「会社をつくろう」という話になりまして、Bが社長になって2人で立ち上げました。私自身は自発的ではなく、軽い気持ちでしたね。ただ、後でわかったのですが、実はBには込み入った事情があったんです。

A氏 Bの知り合いの税理士で、かなりブラックな感じの人がいまして(笑)。脱税を目的に、一回お金をプールしておくための受け皿として、その税理士にそそのかされてBは会社をつくらないといけなくなったみたいでした。B本人にあまり自覚はなかったようですが……。

――会社の設立資金は、どのくらいかかりましたか?

A氏 資本金は、現在は1円でもつくれるので、登記申請や定款作成などのために司法書士に払う数十万円程度で済みました。

――ゼロから会社をつくるためには、どういうことが必要になりますか?

A氏 税金や会社法のこととか知ってないといけないのですが、ホント軽い気持ちで起業したので、細かいことはよくわかっていなかったですね。決算とかも、基本的には前出のBの知り合いである税理士に任せていて、まったくノータッチでした。

――起業直後、生活できるくらいの給料は得られましたか?

A氏 設立当初は、友人の友人を紹介してもらうなどツテを頼って、小さい仕事はすでに持っていましたが、ギリギリで結構厳しかったです。給料が出ないときもあって、最初の1〜2カ月間は、空いた時間で出会い系サイトのサクラのバイトとかしてましたね。    半年くらいして、ある会社に営業をかけたところ、うまいこといき、その後は定期的に仕事をもらっていました。徐々に軌道に乗って、最終的に1年目で1000万円くらいの売り上げがありました。給料は少なくて、手取りで月額20万円ちょっとくらいでした。

Source: http://biz-journal.jp/2012/09/post_753.html

別れさせ屋