定款- 会社設立First Step

定款- 会社設立First Step

会社 設立 の 方法

定款- 会社設立First Step

詳細について 会社 設立 の 方法



こんにちは。ヨッピーです。 普段は「プロ無職」としてインターネットでひどい記事ばっかり書いていたりします。

サラリーマンを辞めてから、かれこれ4年くらい、こういう意味不明な写真を撮っては記事を書いて、キャッキャ言いながら楽しく暮らしていたのですが、いまだに自分の親に「何の仕事をしているか」を説明出来ません。 正直に言うと勘当される可能性が高いからです。

会社を作って社長になることにしました!

だって、社長になれば両親にも「社長やってる」って言えますし、なんとなくカッコ良さげでモテるんじゃないかと思ったからです。

まずは会社設立のプロに相談だ!

そんなわけで会社設立について相談するため、ウェイビー行政書士法人さんにお邪魔しました。 会社設立についていろいろ聞いてみたいと思います!

はい。無職のヒモでも問題ありません。というか起業する時はみんな無職でしょうし、ヒモとはいえ犯罪を犯しているわけではありませんから。手続きさえちゃんと行えば会社は誰にでも作ることができます。

へーー。無職のヒモで、毎日パチンコに行くために同棲してる女の人の財布からお金抜いてるバンドマンでも社長になれます?

それは普通に窃盗だし逮捕される可能性が高いですけど、会社を作るのは大丈夫です。バンドマンでもとりあえず社長にはなれますね。

えー。無職のヒモのバンドマンが社長とか嫌だなー。

ぼく、会社作ったところでマトモに運用するつもりなんて全然無いし、どうせ作るなら冗談みたいな会社を作ろうと思ってるんですけどそれでも大丈夫?

ふざけて会社を作った人に出会ったことがないので断言出来ませんが、たぶん問題無いんじゃないかと……、ふざけて会社を作ってはいけない、っていう法律があるわけではないので。

株式会社すごい◯◯◯(下ネタのため自粛)っていう名前でも?

公序良俗に違反する、ということで弾かれる可能性はありますが、アルファベット表記するなり、直接的な表現を避ければ大丈夫かもしれませんね。

大丈夫なのかよ。お役所仕事しろよ。

ただし、その名前だと高確率で銀行口座が作れないでしょうね。役所より銀行の審査の方が厳しいので……。とはいえ、会社作るだけなら法人の口座無くても作れるんで社長になるだけなら大丈夫です。

ちなみにふざけて会社作って、なんの意味があるんですか?

Source: http://www.yappango.com/keywordpage/vietnam_company.html



ベトナムで会社設立するために知っておきたいポイント

・ベトナムに会社設立(法人設立)する際の進出形態とそれぞれのメリット・デメリット

・ベトナムで会社設立(法人設立)するための11ステップ

・ベトナムで会社設立(法人設立)するために必要な書類・準備

ベトナムでの会社設立について相談先を見つける

・ベトナムの会社設立に詳しい専門家一覧を見る

ベトナムに進出する際の進出形態としては、「現地法人」、「駐在員事務所」、「支店」、「プロジェクト企業」の4種類があります。

日本企業がベトナムに進出する際はほとんどの場合、「現地法人」を設立しています。ただ、ベトナムで法人設立する際はいくつかの法人形態があり、状況に合わせて選択する必要があります。

現地法人設立の次に、進出形態として多く選ばられているのが「駐在員事務所」です。設立手続きが現地法人の設立に比べて短期間・低コストで設立できます。ただ、活動内容は大幅に制限され、「市場調査」「本社との連絡業務」「本社とベトナム企業間での契約内容の監督」「ベトナム企業との事業提携」といった、一部の活動しかできません。営業や契約締結など、売上を出す行為などは禁止されているため、ご注意ください。

「支店」に関しては、活動内容には制限をほとんど受けず、現地法人と同様の活動が可能です。ただ、ベトナムで支店開設が可能な業種は、銀行や法律事務所などの、ごく一部の業種に限られるため、ほとんどの場合、支店開設による進出を検討する必要はないでしょう。

ベトナムには、「プロジェクト企業」という進出形態もあります。ただ、インフラ建設などの特殊プロジェクトの場合に限られるため、今回は説明を省かせて頂きます。

下記が、「現地法人」、「支店」、「駐在員事務所」の主な違いになります。

ベトナムで日本企業(日本人)が現地法人を設立する際の会社設立形態も下記の3種類に分かれています。

[有限責任会社(LLC):出資者が1名の場合]

日本で言う有限会社で、その中でも、出資者が一人の場合の会社設立形態です。個人でも法人でも設立可能で、日本法人が設立する出資する場合は必然的に外資100%の子会社になります。そのため、外資規制のない業種での進出の際に適しています。

[有限責任会社(LLC):出資者が2名以上の場合]

日本企業がベトナムに進出する際の8割はこの形式で会社設立しています。特に、現地企業や現地パートナーとの合弁会社を設立する際、つまり、外資規制で資本比率などの規制がある場合に、この法人形態を利用して進出する企業が多いようです。出資者は最大50名まで可能です。

[株式会社(JSC):出資者は3名以上]

日本の中小企業がベトナムで会社設立する際、株式会社の形態を利用することは多くありません。理由としては、有限責任会社と比較して管理運営コストが高いこと、出資者が3名以上必要なこと、出資者が多くなると経営判断のスピードが遅くなることが挙げられます。

Source: https://www.freee.co.jp/special/launch/

ac-sodan.info