コワーキングスペースから配信する起業豆知識 株式会社設立の方法Vol.1

コワーキングスペースから配信する起業豆知識 株式会社設立の方法Vol.1

会社 設立 手続き 流れ

株式会社設立 > 会社設立手順 > 設立登記

会社設立の登記

株式会社の設立手続きの第4ステップ 株式会社設立の「登記」について解説します。

定款の認証を受け、資本金の払い込みが終了したら いよいよ「設立登記」です。 登記に必要な書類はたくさんありますので 一つづつ確実に作成し、準備しましょう。

登記とは、 国の機関である法務局(登記所)に備えられている「登記簿」に 権利関係や会社の重要事項などを 記載することをいいます。

登記は大きく分けると ●不動産登記・・・不動産の権利関係を明らかにするもの ●商業登記 ・・・会社の重要事項などを明らかにするもの があります。

商業登記は、安全・円滑な取引の確保などを目的としています。

たとえば、 ある会社と新たに取引を始めるときなどには、 登記簿から相手会社の資本金の額や取締役の氏名などの情報を得ることができ、 取引すべきかどうかの判断の材料になり、 不測の損害を避けることが可能になるわけです。

株式会社の設立登記は、 商業登記法47条に規定された法的な義務手続きです。

定款の認証、資本金の払込みが終わったら、 設立登記を行い、 登記が完了したら会社設立が公的に認められ、 会社が誕生!です。

●会社の設立日 「会社の設立日」は、登記の申請日です。(登記完了の日ではありません)

●申請する法務局 設立する会社の「本店」所在地を管轄する法務局に提出します。

定款作成から認証までの流れ・手順を確認しておきましょう。

1. 設立登記に必要な 書類を作成・準備する。 ・取締役の印鑑証明書の準備 ・必要書類一式の作成

2. 作成・準備した 書類をセットする。 ・押印の確認 (会社印、個人印、かすれ) ・書類を順番にセット。

Source: http://www.e-seturitu.com/html/seturitu.html



動画を見ます 会社 設立 手続き 流れ

コワーキングスペースから配信する起業豆知識 株式会社設立の方法Vol.1

詳細について 会社 設立 手続き 流れ

�@商号 設立する会社の名称です。「株式会社」「合同会社」等の会社形態を表す名称を前後いずれかにつけます。有名企業に似たものなど、使用することに問題がある場合がありますので候補はいくつか挙げておきましょう。

�A所在地 実際に本拠とする場所を決めます。定款作成時には必ずしも番地まで特定することを要しません。

�B事業目的 事業の核心となる部分ですので、わかりやすく具体的に記入します。同時に営利を目的として、適法な内容であることも要求されます。特に融資を受けることを考えている場合には重要です。

�C出資について 資本金(LLPでは出資金)の金額、出資者とその割合(誰がいくら、という具合)までを決めます。

�D役員・機関 株式会社では少なくとも取締役1名以上を選任しなければならず、必要に応じて監査役や取締役会を設置できます。役員の任期は株式譲渡制限会社では最大10年までとすることができます。合同会社でも業務執行社員や代表社員を置くことができます。会社の経営計画にも関わる問題ですので慎重に検討しましょう。

・発行する株式総数と1株の金額 定款に定める必要があります。

・公告方法 官報または日刊新聞、電子公告による旨(定めなければ官報によります)

・株式譲渡制限 小規模な会社であったり、実質的な個人企業の場合、株式の譲渡を自由に認めると思いがけない人物が経営に参与してくる可能性があります。これを防止するために、定款で定めておけば、譲渡するにあたり取締役会の承認を要するなどの制限をつけることができます。

まず発起人(1名以上)を決定し、上記のごとく会社設立の重要事項を決めておきます。共同経営の場合は発起人会を開き、報酬や役割分担についても定めておきます。

会社の商号は、同一住所で同一商号を登記することができないため、また類似した商号がないかの確認のため、同一商号の存在を登記所等で確認しておきます。

会社の根本的な規則を定めた定款(LLPでは契約書)を作成します。株式会社では公証役場で定款の認証を受ける必要があります。

出資金を払い込み、その証明書は登記申請の際に必要です。株式会社の募集設立の場合を除き、銀行の通帳コピーがあればできます。株式会社で現物出資がある場合は、役員を選任してその手続きが適法かどうか取締役・監査役が調査をします。

申請書類を揃えて管轄の法務局で会社設立の登記申請を行います。登録免許税は収入印紙で貼付します。登記が完了したときが会社設立日となります。発起人の決定から約1〜2ヶ月程度の期間が必要です。

銀行口座を開設したり、税務署や社会保険事務所等への届出、許認可申請が必要な場合などについても事前に調べたうえで手続きをします。このときに必要な登記簿謄本、印鑑証明書も登記完了のときに取得しておきます。

Source: http://www.urabe-office.com/index.php?%E7%99%BB%E8%A8%98

別れさせ屋 山形