中国から日本不動産投資の登記から税金まで連続受託一括処理専門家

中国から日本不動産投資の登記から税金まで連続受託一括処理専門家

会社 設立 印鑑 証明

資本金を払い込む

さて、定款の認証が終了したら、次は資本金の払い込みです。具体的には、まずチェックシートの発起人①名義の銀行口座を用意して下さい。ごく普通の、個人の口座で構わないのですが、通帳がないタイプの口座はダメです。以前は、郵便貯金は不可でしたが、民営化され「ゆうちょ銀行」となったため、今は利用しても大丈夫になっています。 次にチェックシート(ロ)の金額を口座に入金して下さい。(ハ)の出資する方それぞれから、出資額を振込んでもらうのが原則的ではありますが、発起人①が全員のお金を預かり、それをまとめて振込みではなく預金という形で入金したとしても設立手続き上は、特に問題ありません。 注意点としては、入金は定款の認証が終わった後(同じ日なら前後は不問)にする事です。順番が逆になると会社法の規定に反してしまいます。ただ、現在東京法務局では前後の順番を問わない対応をしているようです。担当者いわく「間違える人があまりに多く、あきらめた」との由。法律通りの順番で行うのが安全なのは言うまでもありません。 入金が終わったら、通帳に記帳してコピーをとりましょう。その際、通帳の入金日の日付が今後重要ですので、よく確認して下さい。コピーをとる箇所は、表紙と、通帳を開いて氏名や口座番号が書いてあるページ、それに入金が記帳されているページです。新規に通帳を作成したケースであれば、銀行にもよりますが、表紙のほか、通帳を開いた1枚目、2枚目の計3枚になることが多いはずです。

これら3つの面のコピーをとります。コピーをとったら、払込証明書を作成します。

払込証明書の作成

払込証明書は、発起人から会社に対する払込が確かになされたということを代表取締役が証明する書類です。見本に従って作成の上、代表印を2ヶ所に押印して下さい。

最後に、作成した払込証明書を表紙にして通帳のコピーをホチキスで綴じ、各ページに代表印で契印をして下さい。

写真のようにホチキスで綴じたページの境目に印鑑を押印することを契印といいます。また、通帳の資本金の入金を示す部分には、目立つよう線を引いておきましょう。(ともに右写真)

[前のページ]  [目次]  [次のページ]

Source: http://setsuritsu.ii-support.jp/goudou/syorui/page093.html



動画を見ます 会社 設立 印鑑 証明

中国から日本不動産投資の登記から税金まで連続受託一括処理専門家

詳細について 会社 設立 印鑑 証明

合同会社設立手続きには、実印と印鑑証明書が絶対に必要です

 合同会社の設立手続きを進めるには、社員(従業員のことではありません。資本金を出す『出資者』のことです)の「実印」と「印鑑証明書」が必要です。

 実印とは、市区町村役場で登録された印鑑のことをいいます。自分の印鑑であることを公的に証明された、ひとりに1本しか持てない特別な印鑑です。印鑑証明書はその印鑑が実印であることを証明する市区町村役場が発行する証書です。印鑑証明書は会社を設立していく過程の様々な場所で要求されます。

 まずは社員(出資者)予定者が実印をもっているかを確かめて下さい。そして全員の印鑑証明書を早めに用意しておきましょう。

 印鑑証明書の提出先は法務局となります。

 正確には、法務局には合同会社を代表する「代表社員」の印鑑証明書を1通提出するだけでOKなのですが、定款に記載する社員(出資者)の住所・氏名は印鑑証明書どおりに記載しなければいけないので、全社員の印鑑証明書がないと書類作成が進みません。

※用意した社員の印鑑証明書は、会社の保存用にコピーをしておきましょう。

実印のない発起人がいるなら、すぐに印鑑登録を!

 実印をもっていない社員がいた場合は、すぐに印鑑登録をしなければなりません。実印にできる印鑑は、1辺の長さが8ミリ以上、25ミリ以内の正方形枠に収まるものです。

 サイズが条件どおりでも、ゴム印や変形しやすい印鑑、三文判、周囲が5分の1以上欠けている印鑑などは登録できません。

 印鑑に入れる文字は、フルネーム、または名字だけか、名前だけでもかまいません。ただし、住所や肩書など名前以外に余分なものを付け加えてはいけません。

 条件を満たす印鑑をつくったら、住民登録をしている市町村役場で登録手続きを行います。登録する印鑑と、運転免許証やパスポートなど本人各人ができるものを持参すればその場で手続を行えます。登録がすめば、その市区町村役場で印鑑証明書を発行してもらえるようになります。通常15分程度で印鑑登録の作業が完了し、印鑑証明書を発行してもらえるようになります。

 なお印鑑証明書には有効期限があり、法務局では発行から3か月以内と決められています。合同会社の設立手続きは通常1ヶ月もあれば終わるので、定款を作成する際にまとめて用意すれば問題はないでしょう。

Source: http://kaisya-tsukuro.net/kabushikinavi/shihonkin.html

別れさせ屋 石川