会社設立のベストなタイミングとは??【赤池鎮】

会社設立のベストなタイミングとは??【赤池鎮】

会社 設立 司法 書士 費用

会社設立のベストなタイミングとは??【赤池鎮】

詳細について 会社 設立 司法 書士 費用



■合同会社設立登記プラン★13万円 (※ 報酬・法定実費含む。消費税別)

 株式会社の良いところをそのままに、会社設立費用の削減を図ることが可能な合同会社設立プランです。公証役場での定款認証手続きが不要となるため、時間・費用共に最小・最短での会社設立が実現いたします。(最短3日で可能)費用を最小限に削減し、とりあえず会社設立をしたいお客様向けのサービスとなります。  

 ■お打ち合わせ  原則、必要に応じてご来所・お電話・メール・FAX・郵送等による方法を中心とさせていただくプランです。当事務所会社設立専用フォームを利用してのわかりやすいご案内サービスとなります。なお、会社設立手続きについてのご不明な点は、お電話にて何なりとご質問、ご相談いただけますので安心です。  

 ■サービス内容  まずは、当事務所会社設立専用フォームに会社の概要をご記載いただきます。その概要をもとにヒアリング(1回〜3回)を行い、お客様のご要望に即した会社定款及び会社設立登記申請書類1式を作成・ご案内差し上げます。これらの書類にご捺印をいただいた上、法務局に会社設立登記の申請を代行いたします。約1週程度で会社設立登記が完了出来次第、ご報告・ご納品差し上げます。シンプルなサービスとなりますが、ご不明な点がございましたら何なりとご質問・ご相談いただけますので安心です。  

Source: http://www.hattori-legal-office.jp/article/13397811.html



個々のご依頼内容によっては、このページに表示する司法書士費用(報酬)の額と異なる場合があります。当事務所では、不動産相続登記など一律の価格表示が困難な業務についても、必ず事前にお見積もりいたします。

もちろんお見積もりは無料ですし、依頼するかどうかは見積もりの後にご検討くだされば結構です。このページに記載していない業務についても、お気軽にお問い合わせください。

なお、このページの価格表示は、2014年4月1日以降の消費税率(8%)に対応済みです。その他のページやブログでは、旧価格設定のままになっている場合もありますのでご承知おきください。

1.相続・遺言関連手続きの費用   1-1.遺産整理(承継)業務の費用   1-2.家庭裁判所の手続(家事事件)の費用    1-2-1.遺言書の検認    1-2-2.特別代理人の選任    1-2-3.相続放棄の申述   1-3.遺言書作成の費用    1-3-1.公正証書遺言    1-3-2.自筆証書遺言 2.不動産登記の費用    2-1.相続による不動産の名義変更(相続登記)    2-2.不動産贈与登記(売買、財産分与)    2-3.抵当権抹消登記    2-4.登記名義人表示変更登記(住所、氏名) 3.会社・法人の登記の費用    3-1.株式会社設立    3-2.合同会社設立    3-3.有限会社から株式会社への移行    3-4.その他の会社・法人登記 4.裁判所手続、法律相談・法務顧問契約等の費用    4-1.簡裁訴訟代理、裁判所提出書類作成業務等    4-2.内容証明郵便の作成・送付    4-3.継続的相談業務(顧問契約)    4-4.司法書士による法律相談(個別相談) 5.債務整理、過払い請求の費用

上記の司法書士報酬は、特別代理人選任申立書の作成、および家庭裁判所への提出代行を含んだ総額です。

遺産分割協議のために特別代理人選任の申立てをする際には、「利益相反に関する資料」として遺産分割協議書案を提出します。

この遺産分割協議書を当事務所で作成する際には費用(10,800円~)が別途かかりますが、遺産分割協議に基づく不動産相続登記をあわせてご依頼いただく場合には、同じものを特別代理人選任と相続登記に使用しますから費用が節約できます。

家庭裁判所の費用は、収入印紙代800円と、書類の郵送用としての切手代(82円切手を数枚程度)です。

特別代理人選任の申立に必要な戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)の取り寄せも、すべておまかせいただくことができます。費用は、実費プラス戸籍謄本など1通あたり1,080円の手数料のみで承っています。

上記の司法書士報酬は、相続放棄申述書の作成、および家庭裁判所への提出代行を含んだ総額です。相続放棄される方が2名以上の場合、1名追加ごとに21,600円を加算します。

また、相続開始から3ヶ月を過ぎており、上申書(事情説明書)などを作成するときには、書類作成費用(10,800円~)を加算します。その他の特殊なケースについても司法書士報酬を加算させていただくこともありますが、その際には事前にお見積もりします

家庭裁判所の費用は、収入印紙代800円と、書類の郵送用としての切手代(82円切手を数枚程度)です。

相続放棄の申述に必要な戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)の取り寄せも、すべておまかせいただくことができます。費用は、実費プラス戸籍謄本など1通あたり1,080円の手数料のみで承っています。

(さらに詳しく)相続放棄の費用について

相続登記(相続による不動産の名義変更)については、司法書士費用(報酬)の一律な金額表示をしておりません。一口に相続登記といっても個々のケースにより必要な作業量や書類の内容が大きく異なるからです。

そこで、当事務所ではご依頼いただく前に必ずお見積もりをいたしております。ご相談、お見積もりだけでしたら費用は一切かかりませんし、当事務所に依頼されるかはそれから決めていただいて結構です。

なお、費用の目安としては、ご自宅不動産(土地と家、またはマンションの1室)の相続登記であれば、司法書士報酬は6,7万円程度に収まるのが大多数です。これに当てはまらない場合としては、ご自宅以外にも不動産があるときや、相続開始から非常に長い年月が経っているときなどです。

相続登記費用のお見積もりを希望される場合、固定資産税の納税通知書(または、固定資産評価証明書)をご用意のうえ、ご相談にお越しください。また、相続登記の費用については、電話・メールによるお見積もりも承っております。詳しくは下記リンク先のページをご覧ください。

電話・メールによる、相続登記費用のお見積もり

上記金額は、登記する不動産が5つ以内で、固定資産評価額が5,000万円未満、さらに同一の市区町村(管轄登記所)にあることが条件です。これ以外の場合は、ご依頼いただく前に見積もりをいたします。

司法書士報酬には、登記原因証明情報など、不動産贈与登記に必要な全ての書類の作成費用が含まれていますから、上記条件に当てはまる限り、追加費用はかかりません。

なお、不動産の所有者として登記されている住所と、現住所とが異なるときは、贈与による所有権移転登記をする前に、住所変更の登記(所有権登記名義人住所変更登記)が必要です。

上記の他に、登録免許税と登記事項証明書(登記簿謄本)取得費用の実費がかかります。登記のための登録免許税の計算には、不動産の固定資産評価額が必要ですので、固定資産評価証明書(または、固定資産税の納税通知書)をお持ちください。

親子や親族間の売買や、財産分与による不動産の名義変更(所有権移転登記)の費用も、原則として上記と同じですが詳しくはお問い合わせください。

Source: http://www.office-takashima.com/hiyou/

別れさせ屋 鹿児島