会社設立費用に関するご説明動画

会社設立費用に関するご説明動画

会社 設立 費用

会社設立に最低限必要な費用会社を設立するのに際して、必ず発生する費用のご紹介です。必要書類1. 定款認証代・印紙代(公証人手数料、印紙代、謄本代)

株式会社の場合、公証人の手数料として5万円、謄本代として1冊1,000円程度(2冊で2,000円程度)、印紙代4万円の 計9万2,000円が必要となります。 しかし、電子認証の場合は、印紙代が発生しないため合計5万2,000円で済みます。

※謄本は通常、登記申請用・保管用の合計2冊必要になります。

合同会社の場合、株式会社と異なり、公証人の手数料、謄本代は不要で、印紙代4万円だけが必要となります。 しかし、電子認証の場合は、印紙代も発生しないため、費用自体発生しません。

2. 登録免許税

株式会社の場合は印紙代として15万円が必要となりますが、 資本金の1,000分の7の金額が上記金額を上回る場合、その金額が必要となります。

合同会社の場合は6万円が必要となりますが、 資本金の1,000分の7の金額が上記金額を上回る場合、その金額が必要となります。

3. 登記簿謄本代、印鑑証明書代

契約締結時や銀行口座開設時に必要となることがあります。 登記簿謄本代1通600円、印鑑証明書代1通450円の登記印紙が 必要となります。会社設立後に、必要に応じて法務局へ請求します。

4. 行政書士・司法書士への報酬

ご自身で行う場合は当然不要です。具体的な額は事務所により千差万別ですので、各ホームページ等でご確認ください。

ただし、行政書士単独の事務所にご依頼の場合、行政書士は登記申請を代理することはできませんので、業務は定款作成・認証、 必要書類の一部の作成に留まります。 また、税理士事務所は会社設立手続の代行は法律上認められていません。ご注意下さい。

その点、当サービスは司法書士・行政書士・社会保険労務士・税理士がそれぞれの職域に従い共同してすべての手続を 一括して承りますのでご安心下さい。

最低限発生する費用株式会社設立に発生する実費

※司法書士・行政書士の報酬を抜いた金額での比較になります。

合同会社設立に発生する実費

※司法書士・行政書士の報酬を抜いた金額での比較になります。

関連サービス

>> 株式会社設立 >> 合同会社設立

起業の基礎知識

>> なぜ会社とすべきか >> 会社の種類の選択 >> 会社設立までの手続の流れ >> 最低限必要な費用 >> 会社設立後の手続 >> 許認可が必要となる主な業種 >> 会社の主な税金 >> 特許と商標の基礎 >> 起業時の資金調達 >> キャッシュフローの重要性 >> 事業計画とは >> 人を雇用したときの手続

Source: http://setsuritsu.ii-support.jp/irai/



動画を見ます 会社 設立 費用

会社設立費用に関するご説明動画

詳細について 会社 設立 費用

会社設立費用・価格表

会社を設立する為の費用はこちらです。弊社への「依頼料」に「印紙代等実費」の金額を足したものが支払総額となります。会社設立後の税務手続や経理の代行等のオプションサービスを申し込まない限り、このページにて記載している費用以外はいただきません。    ・大急ぎで会社を設立したい    ・現物出資をする    ・役員、出資者の人数が多い    ・定款記載の事業目的の数が多い    ・取締役会を設置する といった会社設立でも甲子園法務総合事務所は別途費用をいただきません。 (他の格安会社設立代行事務所では別途費用がかかることもありますのでご注意ください。)

※1.関西での会社設立(兵庫県全域、大阪府全域、京都府全域、滋賀県全域、奈良県全域、和歌山県全域)は交通費無料です。 交通費無料地域詳細はこちら ※2.当事務所の依頼料の中には、書類作成料の他、交通費、郵送料、日当等がすべて含まれています。案件終了後に別途の金額を請求されることはありませんので、安心して御依頼下さい。 ※3.印紙代等実費は、行政書士や司法書士に依頼せずに御自身で手続きをされたとしてもかかる費用です。

御依頼・御質問するにあたり???と感じたら・・・

依頼に関するQ&A をご参照下さい

依頼しようかどうか悩まれている皆様へ

会社設立にかかる価格のみを比較いただいた場合、ご自身にて設立された方が安く会社設立できます。

弊社の会社設立費用(29万9200円)−ご自身の会社設立費用(26万2000円)=3万7200円

御依頼を頂く場合は、この差額3万7200円が皆様にとっての「依頼する為の依頼料」ということになります。

3万7200円に見合ったサービスを提供してもらえるかどうか?

1.会社設立の疑問・不安を取り除く為の相談・コンサルティング

会社設立、創業・起業に関するご相談を無料で承っております。

弊社が本Webサイトにて扱うサービスは「会社・法人設立」という法律手続です。同一サービスですべての方に同一の結果(満足)をもたらすことが非常に難しく、物品販売(インターネット通販)のように「一律に商品を届けて業務終了」とはできません。

相談・コンサルティングにて依頼者様の現在の状況を把握してみると、お申し込み頂いたサービスよりも最適な解決方法を提案できる場合もございますし、法律上手続実行が不可能な場合もございます。年間200〜300件の会社設立に関するご相談を承りますが、会社を設立せずに現状のままでいることが一番、という結論に達することも多々あります(なので相談が年間200〜300でも設立実績が年間100前後になってしまいます)。

よって、弊社ではお客様に最も適したサービスを提供しできるよう、必ず面談による相談を設定しております(時間・距離的に面談相談が難しい場合は電話での相談となります)。面談相談(電話相談)は何度でも無料で承っております。会社設立や起業創業に関する疑問・不安点は、せっかく専門家に依頼しているのですから、ご遠慮なされず何でも・何度もお尋ねください。

2.間違った会社設立をしない為の相談・コンサルティング

人材派遣業、介護事業、運送業、建設業、不動産業・ペットショップ、飲食店・・

当然これら事業を営むには適正に許可を取得しなければいけないのですが、何も考えずにマニュアル本やWebサイトに記載されている情報だけを頼りに会社を設立してしまうと、「会社はできたが、やりたい事業ができない」ということになってしまいます。実際、ご自身で会社を設立されたが必要な営業許可の取得ができず、「何とかしてもらえませんか?」と相談に来所される方が結構いらっしゃいます。

創業融資をお考えの場合は、マニュアル本やWebサイトに記載されている情報だけを頼りに会社を設立しても、融資は下りないのです。

「営業許可が取得できない!」 「融資が実行されない!」 「助成金が取得できない!」 こういった事態は、適切に正しく会社を設立することで回避することができるのです。 このWebサイトをご覧になっている皆さんは「会社を設立すること」が最終目標ではないはずです。設立した会社で事業を興し、利用された皆さんに満足を提供することが最終目標なのではないでしょうか? 行政書士法人甲子園法務総合事務所では、皆さんの起業創業、会社設立の成功確率を1%でも高める為の努力を惜しみません。   「創業融資を利用して事業を興そうと考えています」   「創業助成金を利用したいと考えているのですが・・・」   「会社設立と同時に●●の営業許可を取得したい」 など、起業創業に関するご相談は遠慮なされず何でもお申し出下さい。その希望を叶えられる会社を提供させていただきます。

3.皆様に「自由に使用できる時間」を生み出す為の書類作成等会社設立手続の完全代行

自分で設立するのと比べて高い金額を支払って依頼するのですから、御自身の力だけで会社設立するのと比べると断然楽できます。会社設立を業務としているくらいですから、当然「早くて」「正確」です。

この空いた時間は是非事業準備にご利用下さい。スタートダッシュがかけられるよう甲子園法務総合事�

Source: http://www.btob-expert.net/company_knowledge/cost/

別れさせ屋