会社設立 福岡市 税理士 源泉税の納期の特例 98

会社設立 福岡市 税理士 源泉税の納期の特例 98

会社 設立 税理士

税理士に「決算だけ」を依頼することができるってご存知でしたか?でも、税理士と顧問契約をしていないと、税務署ににらまれたり、銀行から融資を受けられなくなったりするのでは……。そんな不安を持つのも当然です。普通の税理士は絶対に教えてくれない、「顧問契約なし」で税務署も銀行も問題なし!の方法をお教えします。

会社のニーズは「節税」から「融資」へ この世は赤字の会社だらけ!?

 起業した100社のうち、設立から5年後に黒字となっている会社の割合がどれくらいかご存知でしょうか?

 平成18年度の中小企業白書「開業年次別 事業所の経過年数別生存率」によると、設立から5年後に存続している企業は約52.6%。じつに約半数の会社が廃業に追い込まれています。

 さらに平成21年度の国税庁のデータでは、税務申告のあった法人のうち黒字は約24.7%。設立から5年後に黒字の会社は単純計算(100×52.6%×24.7%)で、100社中13社しかないことになります。

 にわかに信じられないような数字かもしれませんが、私の実感としては、事実はもっと厳しいように思いま

Source: http://touki-soudan.com/%E7%99%BB%E8%A8%98%E3%82%92%E8%AB%8B%E3%81%91%E8%B2%A0%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80/%E7%A8%8E%E7%90%86%E5%A3%AB%E3%81%AF%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E7%99%BB%E8%A8%98%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F/



動画を見ます 会社 設立 税理士

会社設立 福岡市 税理士 源泉税の納期の特例 98

詳細について 会社 設立 税理士

「会社の設立業務(法人設立登記)を、報酬無料で、自分でやるより安くできます!」という税理士事務所・会計事務所は、インターネットで「会社設立 無料」などど検索すれば、多数検索できます。

もちろん、会社設立後に税務顧問契約を締結することが前提ですが、新規顧問先獲得のために、「法人設立登記を無料で行います!」という広告を出す税理士が多くなりました。

ところが、税理士は、会社設立登記申請を代行しては、いけません。もし、税理士が、会社設立登記申をした場合、違法行為となります。

登記を司法書士以外が行った場合、司法書士法違反に該当します。

司法書士法第73条により、非司法書士行為は禁止されております。司法書士法第73条1項には、他の法律に別段の定めがない限り、司法書士または司法書士法人でない者は、次に掲げる業務を行ってはならないと規定されています。この規定に違反した者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます(司法書士法78条1項)。

登記を税理士が行い、逮捕された例

例えば、毎日新聞2012年3月28日地方版に「司法書士法違反:容疑の元税理士逮捕 元勤務先も書類送検 /神奈川」という記事が掲載されました。

税理士は、税理士の名をもって、会社登記業務を行うことはできません。上記のとおり、登記業務は司法書士の独占業務と法律で定められています。国家資格というのは、それぞれに独占的に行える業務範囲が法律で定められています。違反すると最悪の場合、逮捕されてしまうのです。

しかし、この元税理士さんは、税理士として登記申請を行ったわけではないです。そもそも法務局が受け付けてくれません。この裏には、登記申請のために必要な書類の作成を行って、あくまでも申請者本人が法務局に申請した形式をとっていることが伺えます。「登記手続の代行」とうたっておきながら、実際には設立登記を本人申請の形にして、責任の所在をあいまいにしたのです。

つまり、会社設立後に登記の内容に重大な問題があることが発覚した場合に、「私は登記手続に関与していないので責任はありません」と言って逃げようとしたのでしょう。しかし、現実にはこうした仮装本人申請も行ってはいけないこととされているため、逮捕されてしまったのです。

登記を請け負う税理士業界の今後

某税理士事務所の無料相談でも、「設立手続きはやってもらえないのでしょうか?他の税理士事務所さんでは、無料でやってくれるところがたくさんあるみたいですが。」というご質問を受けることが増えているそうです。

真っ当に法律を守っている税理士事務所であれば、丁寧に説明して代わりに信頼のできる司法書士さんをご紹介するでしょう。お客様の立場からすれば、士業の違いからできないということも知らない場合も多いですし、別の司法書士事務所を探す手間もかかります。一番は、設立費用が別途かかるのは納得できないのかもしれません。

しかし、法律を扱う税理士が、法律違反をしているのはいかがなものでしょうか。過去、行政書士会と司法書士会の間で行われた協議のように、近い将来、税理士会と司法書士会の協議も行われることになるのかもしれません。

根拠法令抜粋司法書士法 第3条(業務)

司法書士は、この法律の定めるところにより、他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行うことを業とする。 一  登記又は供託に関する手続について代理すること。 二  法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類(中略)を作成すること。 (以下略)

司法書士法 第73条(非司法書士等の取締り)

司法書士会に入会している司法書士又は司法書士法人でない者(協会を除く。)は、第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行つてはならない。ただし、他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。 (以下略)

司法書士法 第78条(罰則)

第73条第1項の規定に違反した者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。 (以下略)

根拠法令の構成

Source: http://diamond.jp/articles/-/25188

別れさせ屋