会社 設立 千葉

会社 設立 千葉

会社 設立 千葉

建設業許可申請・会社設立なら 千葉県習志野市 行政書士瀬戸川法務事務所

詳細について 会社 設立 千葉



千葉で会社設立なら【会社設立ワンストップセンター千葉】にお問合せを!

千葉テレビのCMでもおなじみの「会社設立ワンストップセンター千葉」は、千葉県の会社設立を手続き面と経営面の双方からサポートする会社設立代行サイトです。独自のネットワークにより税理士・社労士など信頼できる士業のご紹介サービスをはじめ、店舗改装や看板製作、プロモーションに至るまで起業に役立つ間違いのない業者をご紹介いたします!千葉市をはじめ船橋市、柏市、松戸市、浦安市などの千葉県の都市部から郡部に至るまで千葉県全域対応いたします。土日祝日、夜間でも千葉県内各地へ出張対応可能です(要事前予約)。

大好評につき今季も会社設立キャンペーンを実施します!!

2015年春、2016年冬に10社限定で実施し、いずれも期間終了前に終了となった会社設立キャンペーンをこの冬も実施いたします。 なんと!平成29年2月末までに会社設立手続きのお申し込みをいただいたお客様に限り、会社の印鑑(会社の実印、銀行印、角印の3本セット)14,500円相当をプレゼントいたします!10社限定となりますので、株式会社設立、合同会社設立、一般社団法人設立、NPO法人設立などををお考えのお客様はぜひお早めにお問合せください!皆様からのお問合せを心よりお待ちいたしております!!

千葉市長との意見交換会

2016年3月4日、民間有志による勉強会「イブスタ」に参加し、千葉市長と千葉市のブランディングや子育てについてお話を伺い、意見交換をしてきました。千葉市が今後、どのように舵を切っていくのかは千葉市で起業・会社設立をお考えの方や個人事業から法人化をお考えの方はもちろん、すべての経営者にとって非常に関心の高い話題であると思いますので、今後もしっかり情報収集し、行政の考え方も起業する皆様に分かりやすくお伝えしていけるよう努めてまいります。 昨年の千葉市長とのランチミーティングに続き、千葉市長と直接お話しするのは今回で2回目でしたが、前回のお話しした議題の件も覚えていただいていたようで大変ありがたかったです。今後も千葉市をはじめ千葉県内の行政情報も含めてしっかりアンテナを貼り、起業家の皆様に還元できるようにしたいと思っております。

↓昨年のランチミーティングの模様は千葉市のサイトでも紹介されております↓ https://www.city.chiba.jp/shimin/shimin/kohokocho/rannti270416.html

全国初の地域電力会社設立‼︎

2016年7月5日、成田市、香取市、株式会社洸陽電気の三者が出資して設立する地域電力会社の設立手続きのお手伝いをさせていただき、その調印式に出席してきました。二つの自治体が共同して地域電力会社に出資するケースは全国初とのことで、その定款作成を代理した行政書士も全国初ということになります。 マスコミも各社集まっておりましたので、千葉県内のニュースや明日の地方紙に取り上げられるかもしれません。 関係者の皆様にご協力いただいたおかげで、創業支援によって地域貢献へ発展させるという当事務所のモデルケースとなりました。今後もさらに精進してまいります。

会社設立ワンストップセンター千葉がテレビで紹介されました!

千葉テレビ「日曜Bang Bang」(2015年9月6日・午前8時30分放送)及び「土曜Bang Bang」(2016年1月30日・午前8時30分放送)にて行政書士 千葉県庁前事務所が紹介されました。ユーチューブでもご覧いただけます。ユーチューブチャンネルもご登録いただけますと幸いです。ちなみに、番組のロケで使用された千葉みなと「Blue Cafe」を運営する株式会社NRプロモーション様の設立も当事務所にて対応させていただきました。今後も会社設立だけでなく、千葉県内の地域密着型ビジネス展開を推進してまいります。地元の皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。 【行政書士 千葉県庁前事務所】

会社設立ワンストップセンター千葉のご利用実績はこちらをご覧くださいお問合せ・無料相談は今すぐこちらへ!!定款ってナンだ?

会社設立において最初に行わなくてはならないのが発起人による定款作成です。

定款とは、会社の基本的規則のことです。この設立時の定款(原始定款)は、発起人全員が署名又は記名押印(必ず実印で印鑑証明も必要です)し、公証役場において公証人の認証を受けることにより効力が発生します。<会社法第30条参照>

株式会社や一般社団法人、一般財団法人の設立については公証役場にて定款の認証手続きをする必要がありますが、合同会社については、定款認証が不要なため、公証人手数料(約52,000円)が不要となります。

また、書面で作成した定款には収入印紙4万円を貼付するのですが、定款を電磁的記録(電子媒体で作成されたデータ)で作成し、電子署名をすれば印紙代が不要となります。電子データには印紙の貼りようがないので印紙税の適用対象外なのです。

ただし、電子定款作成にはにはPDFファイル作成ソフトや電子署名ソフトの導入、法務省のオンライン申請システムに対応したパソコンの設定が必要となるなど、かなり複雑な作業が必要ですので、電子定款対応の行政書士に任せるのが最善の策といえます。

Source: http://kaisya-chiba.com/



A.S.O調剤薬局 株式会社 代表取締役 阿曽晋一社長

ホームページを見て連絡したところ、すぐに駆けつけてくれて熱心な説明を受けました。 2つの事務所で迷ったのですが、熱さ・正確さ・スピードが全く違いましたのでTOTALさんを選びました。経営コンサルタントにアドバイスしてもらうようなことも日常的に相談していました。経営者は孤独なものですから、それを支えてもらっています。開業時には会計の知識が全くなかった経理担当者が、今では店舗別の損益管理までできるようになっている変化も実感しています。 経理業務がマニュアル化されていて、それを丁寧に指導してくれたのが助かりました。

>A.S.O調剤薬局 株式会社 公式サイトはこちら

私どもをお選び頂き光栄でございます。私達は単に数字を作るだけではなく、その裏に隠された経営の実態を掴んだ上でのアドバイスを心掛けています。経営という困難に立ち向かわれるお客様の身近な相談相手でありたいと思っています。

株式会社 woodsmall 代表取締役 小林高志社長

税理士を選ぶ時には2.3社比較検討しましたが、専門知識が豊富で節税などのアドバイスも丁寧にしていただけたTOTALさんに決めました。記帳代行はもちろん、資金繰りのアドバイスも頂き、色々な面でのサポートを受けています。会計だけでなく会社経営について相談できるのが心強いです。これからの事業拡大に向け安心してお願いできる税理士事務所ですね。

>株式会社 woodsmall  公式サイトはこちら

> TOTAL担当者からのコメント

平素よりお引き立て頂き誠にありがとうございます。お客様の成長のスピ

Source: http://www.kaishasetsuritsu-chiba.com/

別れさせ屋 福岡