会社 設立 必要 な もの

会社 設立 必要 な もの

会社 設立 必要 な もの

株式会社設立オンラインセミナー★作る楽しみってどうよ?

詳細について 会社 設立 必要 な もの



HOME > 会社設立、横浜|納得プライスで会社設立サポート! > 株式会社設立時に必要なもの

株式会社設立時に必要なもの

株式会社を設立するためには、登記(法務局への届出)をしなければなりません。 登記申請にはさまざまな添付書類が必要になりますが、これらの書類は当事務所で作成しますので、お客様がご準備いただく必要はありません。 以下は、発起設立の場合において、お客様にご準備いただく物をご説明いたします。

1.発起人の実印及び印鑑証明書(取得後3ケ月以内)

会社の発起人になる方については、定款認証用委任状等の関連書類に実印を押していただくとともに、 発行後3ケ月以内の印鑑証明書をご提出いただきます。 取締役兼発起人の方については、印鑑証明書を2通取得していただく必要があります。 また、会社が発起人となる場合、定款認証の際にその会社の登記事項証明書をご提出いただきます。

2.取締役の実印及び印鑑証明書(取得後3ケ月以内)

会社の取締役になる方は、就任承諾書等の関連書類に実印を押していただくとともに、発行後3ケ月以内の印鑑証明書をご提出いただきます。 取締役兼発起人の方は、印鑑証明書を2通取得していただく必要があります。

3.出資金

株式会社は、定款に定められた額の出資を受ける必要があります。 なお、出資金の払込みは必ず定款認証後に行ってください。

4.発起人の預金通帳

発起人が出資したお金は、まとめて発起人の代表者の預金口座に預け入れることになりますので、そのための預金口座を準備していただく必要があります(既存の口座でも構いません)。

5.設立する会社の代表印

会社の実印として使用するための印鑑を作成していただきます。 なお、代表印の作成は類似商号の調査が終わってから行っていただきます。

6.発起人全員及び代表取締役の身分証明書

司法書士及び行政書士には、会社設立の依頼者についての本人確認義務、本人確認記録作成義務、本人確認記録保管義務が定められております。 具体的には、発起人方全員及び代表取締役の運転免許証、住基カード、健康保険証などを確認させていただきます。 ご本人確認ができない場合、ご依頼いただいた会社設立の手続きを進めることができませんので、 ご協力をお願いいたします。

会社設立に関するご相談は、横浜会社設立相談プラザへどうぞ!

Source: http://www.llc-kobe.net/inkan/



会社設立の基本事項が決まったら、会社の実印を作成します。

合同会社設立に際し、会社の実印にあたる法人実印(代表印)を法務局に登録しなければいけませんので、商号が決まったら早めに作成しておきましょう。

この印鑑を登録するために提出する書類を『印鑑届書』といいます。

印鑑届書は、設立登記申請の際の添付書類ではありませんが、基本的に設立の登記申請時に同時に提出します。

法人実印(代表印)は、印鑑届書に押印されたものがそのまま登録されますので、鮮明に押印するようにしましょう。印影が欠けていたり、つぶれていたりすると、法務局から再度提出するように言われます。

また印鑑のサイズには規格(1辺が1センチを越え3センチ以内の正方形に収まるサイズ)がありますので、規格外のものは登録されません。

会社設立に際しては、銀行印や角印、ゴム印など、何種類か必要になります。用意しておくべき印鑑には次のようなものがあります。

1.法人実印(代表印)

官公庁への申請や、契約書等の重要な書類に使用する印鑑で、会社の実印になります。法人実印、代表者印などとも呼ばれます。

そのため、印鑑のサイズには規格があり、1辺が1センチを越え3センチ以内の正方形に収まるサイズである必要があります。

印鑑の書体、彫刻は自由ですが、あまり個性的な彫刻であると対外的な信用面もありますので、一般的な彫刻とするほうが良いでしょう。

2.銀行印

金融機関の口座を開設する際に使用する印鑑で、預金の引き出し、小切手の振り出しなどに使用します。

規格はありませんので、経費節減で銀行員を作成せずに法人実印を銀行印として使用する方もいらっしゃいますが、会社の経理担当者や他の人に預けたりする事もあると思いますので、別々に作成するほうが良いでしょう。

3.角印(かくいん)

見積書や請求書などに使用する印鑑で、四角形のものが多いです。会社の日常的な業務の中で、会社の印鑑を押す機会がありますが、その度に法人印を押すのはリスクも伴いますので、会社の認印として使用します。

4.ゴム印

会社の商号、住所、代表取締役の氏名などが彫られもので、各種契約書から封筒の差出人など、いろいろな書面に使用できます。作成しなくても問題はありませんが、見積書や請求書、領収書などに押す機会は多くあります。

商号、住所、代表取締役の氏名などブロックを分けて作るタイプや、スタンプ台が不要なシャチハタタイプの印もありますので、用途に合わせて作成しておくと便利です。

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

100万円~3億円の事業資金を最短即日調達可能?【資金調達プロ】

Source: http://ocean-kaisya.com/kaisha/cat778/

別れさせ屋 栃木