会社 設立 費用 司法 書士

会社 設立 費用 司法 書士

会社 設立 費用 司法 書士

会社設立に最低限必要な費用会社を設立するのに際して、必ず発生する費用のご紹介です。必要書類1. 定款認証代・印紙代(公証人手数料、印紙代、謄本代)

株式会社の場合、公証人の手数料として5万円、謄本代として1冊1,000円程度(2冊で2,000円程度)、印紙代4万円の 計9万2,000円が必要となります。 しかし、電子認証の場合は、印紙代が発生しないため合計5万2,000円で済みます。

※謄本は通常、登記申請用・保管用の合計2冊必要になります。

合同会社の場合、株式会社と異なり、公証人の手数料、謄本代は不要で、印紙代4万円だけが必要となります。 しかし、電子認証の場合は、印紙代も発生しないため、費用自体発生しません。

2. 登録免許税

株式会社の場合は印紙代として15万円が必要となりますが、 資本金の1,000分の7の金額が上記金額を上回る場合、その金額が必要となります。

合同会社の場合は6万円が必要となりますが、 資本金の1,000分の7の金額が上記金額を上回る場合、その金額が必要となります。

3. 登記簿謄本代、印鑑証明書代

契約締結時や銀行口座開設時に必要となることがあります。 登記簿謄本代1通600円、印鑑証明書代1通450円の登記印紙が 必要となります。会社設立後に、必要に応じて法務局へ請求します。

4. 行政書士・司法書士への報酬

ご自身で行う場合は当然不要です。具体的な額は事務所により千差万別ですので、各ホームページ等でご確認ください。

ただし、行政書士単独の事務所にご依頼の場合、行政書士は登記申請を代理することはできませんので、業務は定款作成・認証、 必要書類の一部の作成に留まります。 また、税理士事務所は会社設立手続の代行は法律上認められていません。ご注意下さい。

その点、当サービスは司法書士・行政書士・社会保険労務士・税理士がそれぞれの職域に従い共同してすべての手続を 一括して承りますのでご安心下さい。

最低限発生する費用株式会社設立に発生する実費

※司法書士・行政書士の報酬を抜いた金額での比較になります。

合同会社設立に発生する実費

※司法書士・行政書士の報酬を抜いた金額での比較になります。

関連サービス

>> 株式会社設立 >> 合同会社設立

起業の基礎知識

>> なぜ会社とすべきか >> 会社の種類の選択 >> 会社設立までの手続の流れ >> 最低限必要な費用 >> 会社設立後の手続 >> 許認可が必要となる主な業種 >> 会社の主な税金 >> 特許と商標の基礎 >> 起業時の資金調達 >> キャッシュフローの重要性 >> 事業計画とは >> 人を雇用したときの手続

Source: http://ulgov.com/news/737/



動画を見ます 会社 設立 費用 司法 書士

会社法商法入門1 8 株式会社の設立手続 | 小泉司法書士予備校

詳細について 会社 設立 費用 司法 書士

"By choosing a worthy profession, you gained brilliant knowledge which will be demanded not only at school. You learned responsibility, independence, support and team spirit. I would like graduates of the State Pedagogical University to go to work in schools, and to apply all their knowledge and skills specifically in educational institutions, where the need for such young and ambitious specialists is high. I believe that it is you who will use your talent within your native Ulyanovsk territory and will bring up not just one generation of clever and talented children", - Sergey Morozov noted, addressing the graduates.

The university is a socially oriented higher education institution of the region. Its graduates make 88% of pedagogical skilled workers of the Ulyanovsk region and about 50% of the teaching staff of all higher educational establishments of the Ulyanovsk region.  Students of this university traditionally become winners and awardees of the largest pedagogical competitions: "Teacher of the Year", "Pedagogical debut", "Young principal", "To children I give my heart".

"The Ulyanovsk State Pedagogical University supports reputation of the teaching profession. The higher education institution has opened its doors to future teachers for the first time in 1932. During these years the establishment trained over 60 thousand graduates. The majority of them connected their lives and future with school. And today a variety of our graduates will be expanded by 980 more first-class experts, 173 of whom will gain an honors degree today", - added the Acting Minister of Education and Science of the region Natalya Semenova.

Within the ceremony, a formal diploma delivery ceremony to about one thousand young people took place. The Governor Sergey Morozov handed diplomas to the graduates who got the honor degree.

Currently the Ulyanovsk State Pedagogical University represents a modern system of multilevel continuous training of specialists with a higher pedagogical and liberal arts education. "Advanced training technologies, introduced at the university, a clear vision of prospects in the organization of education, scientific and innovative and methodical work, new mechanisms of work practice for future teachers, lawyers, social workers and specialists in museum management guarantee to graduates competitive advantages in labor market and help certified specialists with their further professional development", - the principal of the Ulyanovsk State Pedagogical University named after I. Ulyanov Tamara Devyatkina said.

Source: http://www.btob-expert.net/company_knowledge/cost/

別れさせ屋