千代田区で会社設立手続きは、シルスフィア税理士事務所へ

千代田区で会社設立手続きは、シルスフィア税理士事務所へ

会社 設立 後 の 手続き

1.会社設立後の税務署等への届出手続

会社設立後には、税務関連、社会保険関連、労働保険関連で官公署への届出手続が必要となります。税務署への届出を忘れると思わぬペナルティがかかりますのでご注意下さい。 石割税理士事務所では税務署等への届出手続を代行致します。 ※「会社設立から○ヶ月以内」といった届出期限があるのでご注意下さい。

※以下、各届出書類に張られているリンクは、官公署に掲載されている当該届出書類に関するページへのリンクです。

2.税務署への届出手続

石割税理士事務所では税務署への届出手続を代行致します。 会社設立後には、税務関連で

への届出が必要となります。税務上、監査対策上、最も有利になるように税務署等への届出を行います。 税務署等への各届出書類と届出期限は以下の通りです。

所管の税務署は、国税庁HPの税務署の所在地及び管轄区域から検索出来ます。 国税庁による税務手続の案内はこちら。 都道府県税事務所は、こちらから検索出来ます。

3.社会保険関連の手続

社会保険関連の手続 株式会社の場合、強制適用事業者となり社会保険に加入する必要があります。管轄の社会保険事務所で手続を行います。 ※代表取締役等の役員も会社から労務の対価として報酬を受けている場合は被保険者に該当し、健康保険と厚生年金保険に加入することとなります。 社会保険事務所は社会保険庁の相談窓口一覧から検索出来ます。

※ただし、所管の社会保険事務所によって内容が異なる場合がありますので、所管の社会保険事務所でご確認下さい。

4.労働保険関連の手続

労働保険関連の手続 労働者を1 人でも雇用した場合、強制適用業者となり労働保険への加入が必要となります。 ※社会保険では役員も被保険者に該当しましたが、労働保険の場合には原則として役員は被保険者に該当しません。ただし、使用人兼務役員の場合は実態に応じて判断されます。 労働基準監督署及び公共職業安定所はこちらの厚生労働省ホームページから検索出来ます。

Source: http://www.kaisya-mie.com/?p=50



動画を見ます 会社 設立 後 の 手続き

会社設立 手続きの流れ 設立に必要な費用は?税理士法人Yuse

詳細について 会社 設立 後 の 手続き

会社立後の届出種類です。 会社設立の登記完了しますと、会社の設立手続きが完了となります。 会社の設立が終わりましたら、様々な届出書類を提出しなければなりません。 手続きを忘れていると、過料などの罰則を受けることもあります。 忘れないうちに、必要な届出をしておきましょう。 税金関係の提出先は、通常は次の3ヶ所になります。 1.税務署 2.都道府県税事務所 3.市区町村の役所 税務署への提出

税務署への提出

<法人設立届出書> 法人を開設したことを届け出します。

<青色申告の承認申請書> 白色申告より青色申告は税制上メリットがあるため、青色申告するためには届出します。

<給与支払事務所等の開設届出書> 役員報酬は法人から支払われる給与です。従業員を雇っていなくても届出が必要です。

<源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書> 10人未満の給与所得者がいる場合、毎月収めなければならない源泉所得税を7月と1月の年2回に分けることができます。 法人設立届に関するご相談は管轄の税務署へ直接お問い合わせください。

都道府県税事務所への提出市区町村の役所への提出(東京23区はなし)労働基準監督署に届け出る書類

詳細は労働基準監督署でご確認ください

ハローワークに届け出る書類

Source: http://prokeiri.com/establish/government.html

別れさせ屋 埼玉