節税目的の会社設立!「社会保険節約」はマイナンバー本格運用で不可欠

節税目的の会社設立!「社会保険節約」はマイナンバー本格運用で不可欠

会社 設立 社会 保険

定款の作成が済んだら公証役場で定款の認証を受けます。

定款認証事務は、同一都道府県内の公証役場ならどこでもいいので、都合の良い公証役場を事前に調べ、日時を電話で打ち合せておくとスムーズです。 → 全国の公証役場一覧

■公証役場に持参するもの

※原則は発起人全員が公証役場に出頭します。その場合はこの委任状は必要ありません。

 → 収入印紙不要。4万円もお得!電子定款認証とは?

Source: http://xn--hoquup72ddg5b.jp/%e7%9b%ae%e7%9a%84%e5%88%a5%e4%bf%9d%e9%99%ba/%e4%bc%9a%e7%a4%be%e8%a8%ad%e7%ab%8b%e6%99%82/



動画を見ます 会社 設立 社会 保険

節税目的の会社設立!「社会保険節約」はマイナンバー本格運用で不可欠

詳細について 会社 設立 社会 保険

起業したらすぐに必要な公的保険制度

株式会社等をを起業した場合、たとえ社長ひとりでもすぐに、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の手続きをしなければなりません。 まだ、売上の見通しも立っていないうちに社会保険料の負担が・・・なんて思われる方も多いと思いますが、法律上では社会保険の加入は義務になっています。きちんと手続きをしておかないと、万が一、社会保険事務所等に監査に入られた時に大変な事になってしまいます。 しかしながら、手続きをしていない会社も多くあるのも事実です。これは出来る限り早めに手続きを済ませておいて下さい。

社会保険の種類

社会保険とは、政府が法律で定めた保険のことを指します。

社長と役員のみで従業員がいない場合は、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の手続きのみですが、役員以外に従業員(社員・パートやアルバイトも含む)を雇う場合は、労働災害保険や雇用保険の加入手続きも行わなければなりません。(雇った従業員の契約勤務時間によって、必要な手続きは異なります)

・社員の契約勤務時間が20時間未満のパート、アルバイトだけであれば、労働保険の手続きのみすればいいのですが、20時間以上の社員やパート、アルバイトがいる場合は労働保険の他に雇用保険の手続きも必要となります。

社会保険の手続き

健康保険、厚生年金保険新規適用届→会社設立後、10日以内に年金事務所に届け出。 健康保険、厚生年金保険資格取得届→新規適用届と同時に年金事務所へ届け出。 健康保険、厚生年金保険扶養者(異動)届→新規適用届と同時に年金事務所へ届け出

労働保険に加入する為の手続き

労働保険保険関係成立届→社員の入社から10日以内に労働貴人監督署へ届け出。 労働保険概算保険料申告書→社員の入社から50日以内に労働貴人監督署に届け出。

雇用保険に加入する為の手続き

雇用保険適用事業所設置届→社員の入社から10日以内にハローワークへ届け出 雇用保険被保険者資格取得届→社員の入社の翌月10日までにハローワークへ届け出

その他の保険

その他にも、加入しておくべく保険は様々あります。 事務所の火災保険や、自動車の自動車保険から倍賞責任保険まで、また福利厚生の為の保険等、リスクは多岐にわたり、備えておくべき保険も様々です。 業種によってリスクは変わってきますので、起業された業種に合ったリスク管理をしっかりと行って下さい。

各業種ごとに必要となる保険は変わってきます。その業種に最適な保険に加入するためには、どのようなリスクをそのような保険でカバーするのかを理解する必要があります。 建設業のリスクをカバーする保険 製造業のリスクをカバーする保険 販売業のリスクをカバーする保険 飲食、食品販売業のリスクをカバーする保険 IT、コンテンツ業のリスクをカバーする保険 福祉事業者のリスクをカバーする保険 運送事業者のリスクをカバーする保険 幼稚園、保育園のリスクをカバーする保険 マンション管理、不動産業のリスクをカバーする保険 その他の業種のリスクをカバーする保険

Source: http://www.1-kigyou.com/joint_flow.html

別れさせ屋 山形