自分でやるより安い会社設立

自分でやるより安い会社設立

会社 起業 費用

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

目次 株式会社設立時の費用や資本金の決め方を知っておこう 最低限必要な株式会社設立費用 株式会社設立の流れ1.会社設立事項の決定 株式会社設立の流れ2.定款の作成とその認証 株式会社設立の流れ3.会社設立登記書類の作成 株式会社設立の流れ4.会社設立登記の申請 資本金が持つ3つの特徴 資本金の特徴1.会社運営のために集めたお金 資本金の特徴2.その法人に関係すること全てに使っても良い 資本金の特徴3.会社の信用力を左右する 資本金を決める4つの考え方 資本金の決め方1.半年先まで予測して事業に必要な資金から決める 資本金の決め方2.資本金額で左右される創業融資から決める 資本金の決め方3.法人税と消費税の特例から考える 資本金の決め方4.事業規模や取引先との兼ね合いから決める 会社設立費用と資本金を決める4つの考え方まとめ

株式会社設立時の費用や資本金の決め方を知っておこう

あなたが社長になりたいと思った場合、個人事業主としてスタートするか、法人(会社)を設立するかという選択肢があります。

会社設立に関しては、メリットとデメリットを以下の記事でお伝えしていますのでご参考に。

参考: 法人は個人事業主より得?会社設立のメリットデメリット

もしあなたが会社設立にメリットを感じ、株式会社を設立することになった場合、設立費用はいくら必要でしょうか。また、資本金はいくらに設定すれば良いでしょうか。

特に資本金にはちゃんと意味があるため、事業戦略から資金計画までを踏まえて決定する必要があります。

資本金の意味と資本金額の設定をしっかりと押さえておけば、会社が良いスタートダッシュを切ることができる可能性が高まります。

きっちり押さえて、今後の計画に活かしてください。

最低限必要な株式会社設立費用

株式会社設立に最低限必要な費用は登記費用です。個人事業から法人成りの場合は他に必要な費用がありますが、株式会社から作る場合は、以下の額だけで大丈夫です。

では、株式会社設立手続きの流れから説明していきましょう。

株式会社設立の流れ1.会社設立事項の決定

会社設立事項として商号や目的など、15の内容を決定します。

株式会社設立の流れ2.定款の作成とその認証

定款とは、作成する会社の組織や運営方法、株主の地位などを定めた規則のことです。定款は3通作成し、公証役場で認証して貰う必要があります。

実際に私が作った提出前の定款(大事なところは隠してあります!)を見たい方は以下からどうぞ。

参考: 起業に必要な定款とは?提出前の実際の定款サンプル

株式会社設立の流れ3.会社設立登記書類の作成

法務局に届け出るための書類を定款に基づいた項目で作成する必要があります。

株式会社設立の流れ4.会社設立登記の申請

会社設立登記の申請には、登録免許税という税金がかかります。また、登記簿謄本と印鑑証明も必要になります。

ここまでが最低必要な会社設立の流れです。必要な費用の内訳は以下の通りです。

—– ・定款に貼る収入印紙代として40,000円 ・定款の認証手数料として50,000円 ・定款の謄本手数料:約1,500円 ・登記の際の登録免許税:15万円(資本金額の1,000分の7、または150,000円のどちらか多い方) —–

というわけで、ざっくりと25万円が必要な額です。

後は、実際に会社を運営するための必要コストを考えなければいけません。そこで、資本金をいくらに決めるかが重要になります。

資本金が持つ3つの特徴

資本金とは何でしょうか。どのような意味があるのでしょうか。

資本金の特徴1.会社運営のために集めたお金

資本金は、「会社を運営するために発行される株式と交換することによって集めた資金」のことです。資本金は、あなたが出せばあなたが出資者、第三者が出せばその人が出資者になります。

起業時に資本金が多いことは、対外的に「社長がお金を持っていた」、または「社長がお金を集める能力があった」と言えるため、社長の信用力の指標になります。

資本金の特徴2.その法人に関係すること全てに使っても良い

資本金は、法人口座に預けたまま使ってはいけないお金、できるだけ使わない方が良いお金だと勘違いしている方がいます。

仮に、資本金額を500万円にしたとしましょう。この500万円は社長が「事業に必要な資金として設定した額」です。

社長は資本金を元手に会社運営を行い、資材の購入、事務所の賃貸費用、デス�

Source: http://www.dreamgate.gr.jp/knowhow/accounting/id=438



動画を見ます 会社 起業 費用

自分でやるより安い会社設立

詳細について 会社 起業 費用

実際に起業しようとしたときには、一体どれくらいのお金が必要になるものなのでしょうか。もちろん、業種や規模によって異なりますから、具体的な金額を計算する事は難しいのですが、いくつか気をつける必要があります。

 平成18年の5月1日より株式会社に関する法律が改正され、それまで1000万円のお金を用意しないと設立することのできなかった株式会社を1円でも設立できるようになりました。そのため「起業が容易になった」とも言われていますが、実際問題1円で起業出来るはずもないことは、想像に難くないでしょう。

 それでは、実際に起業しようとしたときには、一体どれくらいのお金が必要になるものなのでしょうか。もちろん、業種や規模によって異なりますから、具体的な金額を計算する事は難しいのですが、以下のような点に気をつける必要があります。

会社を設立するときにかかるコスト

 まず、そもそも株式会社を設立するためには、そのための費用がかかります。会社の憲法ともいえる定款を作成し、それを公証人に認証してもらう費用(電子認証の場合には収入印紙代はかかりません)や、法務局に設立の届出をする際の登記費用など、数万円から十数万円がかかります。さらに、これらの手続きを専門家に依頼した場合、その手数料が安くても数万円はかかります。

 次に、会社を設立する場合には、場所(住所)が必要になります。自宅で開業する場合を除けば、その賃貸費用も必要となるでしょう。そして、事務所を借りる場合、保証金(敷金)は、家賃の6ヶ月分から10ヶ月分を要求されるのが一般的で、不動産屋さんへの仲介手数料や、礼金なども支払う必要があります。すなわち、例えば月額10万円のオフィスを構えようと思ったら、約1年分の120万円くらい必要になる可能性があるということ。近年、保証金の金額が低くなってはいるようですが、事務所費用が起業時の大きな負担となることは間違いありません。なお、この点については、レンタルオフィスを利用して、コストを抑えるという方法も効果的です。

 さらに、事務所の備品が必要になります。机、イス、パソコン、電話などは、どんなビジネスであっても必需品でしょう。どんなに安くそろえようとしても、数万円から十数万円はかかるでしょう。

 そして、いざ会社ができあがれば、日々の経費がかかります。水道光熱費をはじめ、電話代などの通信費、移動のための交通費など、1つ1つはたいした金額ではなくても、月々数万円のコストは避けることができないでしょう。ちなみに、備品についてもレンタルという選択肢があります。

どんなビジネスでも少なくとも300万円は必要

 なお、ビジネスやプロジェクトをはじめるに当たって、とにかく最初に必要になる金額を「初期投資」と言います。ビジネスが軌道に乗るまでは、お金は出て行く一方ですから、数ヶ月間の支払いに耐えられるだけのお金を初期投資として計算し、その分のお金を用意しておくことが、スムーズな事業展開へとつながるはずです。

 そう考えると、どんなに小さな会社で、どんなにコストのかからないビジネスでも、少なくとも300万円、当初から従業員を雇う計画があるのであれば、そのコストも上乗せした金額を用意する必要があるでしょう。

Source: http://www.syachou-blog.com/features-and-determin-capital/

http://xn--48jm9l298kilg8rghvi.com