資本金っていくらにした方がいい?★会社設立時に悩みますよね

資本金っていくらにした方がいい?★会社設立時に悩みますよね

会社 起業 する に は

会社を起業して成功した経営者に共通するの6つの特徴を知って事業に生かす

詳細について 会社 起業 する に は



起業する際には法律を理解し、守ることが前提となってきます。会社に関する規定が簡素化され、会社法にまとまりができたといえ、起業するには他の法律知識も最低限必要になってきます。

最近では、「個人情報保護法」といった、顧客のプライバシーに関する情報が漏れないようにある程度規定されたものです。「個人情報保護士」の資格もできました。パソコンやネットでの情報処理が一般化しているので、データの盗難、紛失が増えています。そうならないためにしっかりと勉強しておいたほうが良いでしょう。

その他の法律で基本となるものが、独立禁止法、労働基準法、製造物責任法などの法律があります。さらに、会計では、法律のトライアングルといわれ企業財務情報の根幹になるものがあります。これが、会社法、金融商品取引、税法です。

金融商品取引法に関しましては、非上場会社ではほとんど意識する必要はありませんが、会社法、税法の知識は必要になってくるので最低限の知識は持っていたいものです。 会社法ではM&A(Merger and acquistion)も容易になってきます。企業や事業の合併と買収のことです。

一言で法律といっても起業するにあたってさまざまな法律の知識を得ておく必要があります。

企業活動の基本的ルールを定めて、不正競争などによる過度の経済力を防止し、独占的行動を排除する。国民経済の健全な発達を目的とした法律。

労働基準法は、一般的に認知されているので、会社側としてはきちんと把握しておきたいところです。従業員とのトラブルの原因とならないためにもしっかりと対応しましょう。

労働者の生存権を保証し、弱者である労働者を保護する。これを目的として、就業規則の義務付け、労働条件の最低基準が決められた法律。

PL法とも呼ばれます。被害者の保護を図るため、製造者などが引き渡した製品などについての製造物責任が定められた法律。

個人情報、個人のプライバシー情報の流出を防ぐことを目的とした法律。一定数以上の個人情報を取り扱う事業者を対象とした個人情報取扱を規制した法律。

これまでにあった商法第2編(会社)、商法特例法、有限会社法がまとめられ、簡素化されたものです。現代語化されたことによって、わかりやすく改正されたています。

旧来の証券取引法を土台とし、他の法律との整理統合を行ったもの。そして、金融商品全般の取引に関する統合的なルールが定められた法律です。

租税の賦課・徴収などに関する法規の。企業についての租税の賦課などに関して規制しています。これが法人税法となります。

商人の営業、商行為を規制した法律です。会社にかかわる部分が会社法として独立したので、総則、商行為、海商の3編からなります。

会社設立する際に決めなければならないのは、個人事業として開業するのか、会社組織の形態をとるのかを選択しなければなりません。

・    個人事業とは、、八百屋さんやお肉屋さんなどです。会社組織であれば「○○株式会社」や「有限会社○○」といった名称がついているはずです。この名称のことを「商号(企業名)」といいます。

個人事業の場合は、すぐにでも商売をすることが可能です。しかし、会社の場合は個人とは別の組織体なので、まずは会社組織をつくるところからのスタートです。ですので、会社組織の場合は起業するまでに時間がかかってしまいます。

個人でネットショップを起業したいと思う場合は、個人事業を選択するとすぐに商売を始めることが可能になっています。

Source: http://hesjapan.com/



週末起業家と交流したい!週末起業成功事例集プレゼント中!

実際に週末起業に取り組んだ方々がどのように成功を収めているのか、10人以上にわたるインタビュー内容を収録した「週末起業成功事例集」をただ今、無料でプレゼントしています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

週末起業は、あなたの夢を実現します

会社を辞めず、お金をかけない目からウロコの起業法、それが「週末起業」です。

会社を辞めず、給与という安定継続収入を確保しながら、 ・副収入を確保し、 ・キャリアのリスク分散をし、 ・起業願望を充足する それが週末起業です。その結果として、 ・将来の不安が解消され、 ・経済的、時間的な自由を手に入れ、 ・自立した、社会に貢献できる人になれる、 それが週末起業の醍醐味です。 もちろんそれだけではなく、 ・共に目標に向けて進む仲間、 ・家庭、会社以外の第三の居場所、 ・ゆとりある心と充実した毎日、 も手に入れることができます。 自分のビジネスを、「会社にいながら」始めることで、リスクを最小限に抑えながらビジネスを始めることができます。また、会社の仕事以外にも仕事を持つことで「充実した週末を過ごしたい」という願望にもこたえます。 会社にいながら働くと言っても、アルバイトのように、誰かに雇われるわけではありません。仕事が終わった後に、また仕事。。。そんな大変な生活をしようということではありません。私たちが提唱しているのは「起業家」になることです。「週末労働者」になることではありません。会社員でありながら会社を経営する生き方を選択してもよし、ビジネスを軌道にのせたら独立開業することを目標にしてもよし、キャリアを選ぶ自由を持つことが、週末起業の本質なのです。 元々、会社に居ながら起業する人はたくさんいましたが、発起人である藤井孝一が、『週末起業』(筑摩書房)で提唱したことで、このスタイルが広く認知されるようになりました。 実際、週末起業している人は、サラリーマンのかたわら、週末や平日の夜に、次のような仕事をしています。

ほんの一例をあげただけでも、ざっとこれだけいます。週末起業をしている人は、その事実を語りませんので、あまり表に出てきませんが、週末起業家はあなたが思っているより、ずっとたくさんいます。何を隠そう、私自身が新卒時以来の「現役週末起業家」であり、そのノウハウを日々使い事業を行い、本業(週末起業フォーラム)で会員の皆さまに、その体験をシェアしています。もちろん、発起人である藤井も、サラリーマン時代に週末起業で経営コンサルタントをし、二年後に独立を果たしています。 会員の皆さんは、 「好きなこと」「できること」「得意なこと」「チャレンジしたいこと」「事情があって仕事にできなかったこと」を、ビジネスにしています。夢を語り、皆で協力し合い、それを追っています。

週末起業の世界をごらんになったことのない方々の多くは、 「一部の、特別な技術がある人だけができるのではないのか」、「自分は得意なことなどないし」、という疑問を持たれることがあります。ですが、それは違います。私たちの実態調査によると、当会員およそ2000名のうち「週末起業を始めている」という人が半分。1割が月商50万円を越えています。まだ初めていない半分の人が、経験者から学び、サポートを受けながら、次々とビジネスを立ち上げていきます。 実践しているのは、あなたと同じ、会社勤めのビジネスパーソンです。彼らにできるのですから、あなたにできない理由はありません。ぜひ、トライしてみてください。 なお、私たち週末起業フォーラムは、いつかは「週末起業をしたい」と考える方のお手伝いをする団体です。会員になると、私たちプロコンサルタントに相談したり、最新の情報を得たり、会員限定の安全な場で交流していただいたりすることができます。 ご興味のある方は、詳細をこちら週末起業フォーラムとはをご参照ください。

週末起業よくある質問と回答

「週末起業」について、よくある質問とその回答を集めてみました。

1.「週末起業」って何?

会社を辞めずに、小資本で、インターネットを使って起業するそれが「週末起業」です。こうして"リスク"を最低限に抑えつつ、副収入を確保(収入源の複数化)し、勤務先からの自立(キャリアのリスク分散)をし、起業願望を充足することをを目指します。この言葉は造語です。私どものコンサルタント、藤井が自著「『週末起業』これで私もお金もちかも」という書籍のタイトルとして使ったのが始まりです。私どもの呼びかけもあり、最近「週末起業家」が確実に増えています。この世に1人や2人の話ではありません。

2.「たくさんいると言うが俺は知らないぞ!」3.具体的にどんなことをしているの?4.「週末起業」は「アルバイト」じゃないの?5.なぜ会社を辞めないの?6.忙しくて、それどころじゃない!

Source: http://www.shumatsu.net/weekend/

別れさせ屋