起業するなら個人事業と法人事業どちらがおススメか?《攻める経営のススメ》【長野経営コンサル】

起業するなら個人事業と法人事業どちらがおススメか?《攻める経営のススメ》【長野経営コンサル】

会社 起業 する に は

******************************************************* 【本サイトからのお知らせ】 本サイトの姉妹サイト「お金持ちの教科書」が本になりました! サイトのコンテンツの中から人気の高い記事を選別し、 新しい記述も加えて、書籍として再編集したものです。 ぜひ購入してください。2014年1月29日販売開始(現在先行予約受付中)

Amazonでの購入はこちらから 楽天ブックスでの購入はこちらから

*******************************************************

 独立・起業するとどんな良いことがあるのだろうか。何か良いことなのかは、どのような生き方をするのかによっても変わってくるので一概には言えないのだが、一般的に独立・起業にはどんなメリットがあるのか、筆者の体験も交えて述べてみたい。

独立・起業して得られる痛いほどの自由  独立・起業する最大のメリットは、やはり自分がやりたいを仕事をすることができるということだろう。    サラリーマンの場合には、基本的に会社から指示されて仕事をするので、ほとんどの場合やりたいことはできない。役職が上になったところで、上の役職者は全体の意向を調整するのが仕事のようなものだから、結局自分の好きなように仕事をすることは不可能だ。  組織とはもともとそのようなもので、自分の思うとおりにはならないことを前提に、その中で組織をどう使うかということ考えるものなのである。    これに対して独立・起業は完全に自由だ。何をしてもよいし、誰からも指示されない。本当にイタイほど自由である。もっともある程度の規模の会社を設立してしまうと、すべて自分の思い通りというわけにはいかなくなる。従業員や出資者などの意向をうまく汲み取らないと、人やお金が集まらない。だがどのようなビジネスをするのか、どのような働き方をするのかは基本的に自分で決めることができる。 自分の給料を自分で決めることの意味  独立・起業のもうひとつのメリットは、自分の給料を自分で決められることである。  世の中には給料に不満を持つ人は多い。というよりも、よほど稼いでいる人以外は、多かれ少なかれ自分の給料に不満を持っているのではないだろうか?  独立・起業してしまえば、自分の給料を決めるのは自分自身である。たくさん稼げるなら、稼いだ分だけたっぷり給料をもらえばよい。もちろん稼げなければその逆になるが・・・。

 不思議なもので、同じ給料であっても、自分で給料を決める立場になると、自分の給料に対して完全に納得できるようになる。それが多くても少なくてもだ。少なくとも給料に対するモヤモヤ感は完全になくなる。筆者はこれだけでも独立・起業したメリットはあると思っている。 起業・独立した人にした分からない、他では得られない喜びとは?  少しレベルの低い話ではあるが、出勤時間、残業、休暇など、働くペースが自由になることも独立・起業の大きなメリットのひとつだ。

 サラリーマンの場合は、自分の都合で働く時間を決めることは難しい。休暇ひとつ取るのも、周囲といろいろ調整しなければならない。場合によっては住む場所も会社の都合で決まってしまう。    筆者は起業してから、会社のすぐ近くに自宅を移した。通勤時間が激減し、生活に想像以上のゆとりが生まれた。もちろん会社の仕事に全力投球だったので、余った時間は仕事に回していたのだが、生活パターンを自分で決定できることの威力の大きさを思い知った。

 少し長期的な視点で考えれば、定年という概念もなくなる。仕事が面白くて続けたければ死ぬまで続ければよいし、ガッチリ稼いで余裕があり、もう仕事をしたくないというのなら、若くしてハッピーリタイヤすればよい。

 実際筆者の知人には、40歳で事実上セミリタイヤし、趣味的に仕事を続けながらボランティア活動などをしている人もいる。  そもそも老後の問題というのは、定年制があり、年金制度もそのことを前提にしているから発生する問題でもある。仕事のやり方を自分自身で決められるなら、この問題の捉え方も大きく変わるだろう。  ちょっと番外編になるが、独立・起業の最大のメリットは、実は「お酒がおいしくなること」である。  自分で考え、自分で立ち上げたビジネスで給料をもらう充実感は、他には代えがたいものだ。お酒を飲まない方にはわかりにくいたとえで申し訳ないが、独立・起業してから飲むお酒は「本当にウマイ」。これは体験した人にしか分からない一種のマジックなのである。 【関連サイト】 「お金持ちへの取材で明らかになった、お金持ちになるための法則」 「なぜあなたは出世できないのか?」 「投資で成功するために絶対知っておくべきこと」 「放射能から身を守る食品サイト」 「記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト」

Source: http://lets-business.com/failure/probability/



動画を見ます 会社 起業 する に は

株式会社設立オンラインセミナー★作る楽しみってどうよ?

詳細について 会社 起業 する に は

なぜ起業成功率は6%しかないのか。続々と失敗してしまう4つの理由

そんな願望を叶えてくれる術の一つである起業はきっと誰もが憧れることですよね。

誰にも気を使わずに自分らしく生きていけるし、めんどうな人間関係のしがらみからも開放される。

そしてやったらやった分だけ自分の成果になるし、刺激のあるカッコイイ世界を想像します。

しかし、そんな起業はハイリスクのイバラの道。多くの人が希望を求めて起業しても成功するのはきっとホンの一握りです。

そんなリスキーな世界の起業ですが、

絶望的な企業生存率!やっぱりハイリスクな世界?

企業生存率、つまり起業の成功率といえますが、企業が生き残る数を表している数字をまずは見てみましょう。

なんとわずか1年で40%しか生存していません。これは驚きですよね。1年といえば立ち上げたばかりなのに何があったのでしょうか。

さらに5年もたつと85%の企業が倒産してしまいます。ほどんどですね。

そして10年を超えるとほとんど無に等しくなってきます。開業30周年の会社がどれだけすごいかが分かりますよね。

ちなみにこの数字を見ていると気づきますが、これは企業だけではありませんよね。一般的なもので言えばお笑い芸人や俳優さん。ミュージシャンもそうでしょうか。

ブレイクするのは一握りで、ほとんどは陽の目を見る事もなく消えていきます。そして例えブレイクしても5年後にはほとんどが見なくなってしまいますよね。

起業するだけならカンタンです。ブレイクさせることももしかした

Source: http://kigyou.kyokasho.biz/archives/98

別れさせ屋