千代田区!会社化手続きは個人勘定閉鎖と会社へ事業資産の譲渡手続き!

千代田区!会社化手続きは個人勘定閉鎖と会社へ事業資産の譲渡手続き!

会社 設立 経理

会社設立をしたときのデータ作成や仕訳について教えてください(起業時の経理)

設立時の会計期間の設定方法や仕訳についてお問い合わせの多い項目を掲載しています。仕訳は、設立時に発生する別段預金など一般的な例を挙げてご説明しておりますが、個別の経理処理に関しましては、税務署または税理士にご相談ください。

会社設立年度(第1期)の会社データの作成方法会社データは、会計期間の開始日を設立日、終了日を決算日としてデータを作成

「新規会社データ作成」処理で会社設立年の会社データを作成するときは、会計期間の開始日を設立日、終了日を決算日として会社データを作成してください。「新規会社データ作成」処理で設定する項目のうち、会計期間以外の項目は後からも変更が可能ですが、会計期間は決算日を短縮する以外の変更ができませんので、会計期間はデータ作成時に正確に入力してください。

会社設立時の仕訳 (資本金の計上)設立登記申請時の仕訳

金融機関の指定口座(別段預金)に払い込まれた出資・株式払込金を資本金として仕訳します。

資金移動時(普通預金へ移動の例)

資金を別段預金から普通預金等の他の預金へ振り替えたときの仕訳です。

別法(上記の2つの仕訳を1仕訳で処理した場合)

このように仕訳する場合もあります。

設立前に支払った準備費用の仕訳

設立日の日付で「創立費」勘定に計上します。

会社を設立した年の会計期間の設定は、前述のとおり「会社設立日」から「最初の決算日」までとなります。実際に支払った時点では、まだ会社が存在していないことになりますから、実際に支払った日付で伝票を入力することはできません。

設立準備のために設立日より前に費消した費用の計上は、会社設立日の日付で伝票を作成します。

次の伝票は、平成15年4月1日に設立した会社の設立準備のために、平成15年3月15日に発起人が立替払いしていた登録免許税15万円を発起人に支払った場合の入力例です。

上記のように実際の支払日を支払先や支払事由とともにメモに記載しておけば、後から領収書などと照合するとき便利です。「わくわく財務会計」「らんらん財務会計」は、摘要のほかに取引の詳細や備忘を入力できるメモ機能を備えています。

創立費のその後の処理

期末に「創立費償却」勘定へ振り替えて全額損金処理、が一般的です。

創立費は全額損金処理、または繰延資産として扱い5年間均等償却します。法人税法上は青色申告の法人は、その年の赤字を5年間繰り越すことができますので極めて高額な創立費でなければ、全額損金処理(経費処理)するのが一般的な会計処理です。

平成16年3月31日決算に際して創立費用150万円を償却した場合、仕訳例は次のようになります。

(※)「わくわく財務会計」には「創立費償却」勘定は初期状態では登録されていません。「勘定科目登録」で「営業外費用」の区分に登録してください。

Source: https://www.lan2.jp/acc/afa/afa200405006.html



動画を見ます 会社 設立 経理

千代田区!会社化手続きは個人勘定閉鎖と会社へ事業資産の譲渡手続き!

詳細について 会社 設立 経理

平成21年12月22日に閣議決定されました「平成22年度税制改正大綱」により特殊支配同族会社(いわゆる一人オーナー会社)の役員給与の損金不算入制度が廃止されることになりました。 【制度の概要】  新会社法における一人会社の全面的解禁や最低資本金規制の撤廃等を背景として、個人事業主との負担の公平性を確保する観点(法人段階におけるオーナー給与の損金算入と個人段階における給与所得控除の「二重控除」の問題)から、いわゆる一人オーナー会社において発生するオーナー給与の合計額のうち給与所得控除額相当額が損金不算入とされていました。(平成18年度改正) 、「実質1人会社」の社長の役員給与について、給与所得控除額相当分を、法人の所得の計算上で損金不算入『経費にしない』とされました。

つまり実質1人会社とは「同族関係者で、株式の90%以上を保有し、かつ常務に従事する役員の過半数を占める会社」(特殊支配同族会社)をいいます。これは個人事業者が法人形態をとれば社長の役員給与について、法人で損金となり、さらに個人の給与所得の計算上、給与所得控除が出来るという「経費の二重控除」を防ぐのを目的とします。

このため10パーセント(ちょうど10パーセントではダメ)を超える株式を自分と自分の親戚以外に引き受けてもらうことが必要でしたが、平成22年4月よりこの制度が廃止されましたので、100%同族会社でも問題なくなりました。 【改正の内容】  本制度は、平成22年4月1日以後に終了する事業年度から適用されないこととなります。

これで、他人に株を持ってもらう必要がなくなりました。

通常の中小企業では、登記されている取締役=役員で会社運営上はそれで問題はありません。 会社法において役員とは、取締役、会計参与、監査役を指します。また会社法施行規則においては、これに加えて執行役、理事、監事その他これらに準ずる者も役員と規定されています。

ここで気をつけなければいけないことは、法人税では会社法の解釈とは違い、登記されている役員とは別に「みなし役員」という制度があります。

みなし役員とは、法人税法において、役員と同じ扱いをされるということになりますので会社設立時によくお考えになり、発起人の持株比率を調整されることをお勧めいたします。

みなし役員と認定されるのは次のような要件に当てはまる者をいいます。

会社設立をするとやらなければいけないことが山積みで、経理が疎かになってしまう社長さんがほとんどです。

サラリーマン時代は「資金繰り」「取引業者への支払い」「請求書の作成」「会計業務」などは、他の方が担当していましたが、会社を始めると最初のうちは社長がすべて行わなければなりません。

当然、会社は利益を上げていかなければなりませんが、「営業」「実務」等ばかりを優先していると、財務が疎かになり、会社の財務状況が一切分からない状態になってしまいます。

会社を人間の身体に例えると、社長は経営上の指示を出す「脳」であり、その指示によって健康な体を維持していきます。

この健康な体を維持していく上で、経理(財務)は非常に重要な役割をになっております。

Source: https://www.hitodeki.com/zeimu/

別れさせ屋