三鷹市 会社設立 行政書士 資金繰り 必要書類 印鑑証明書 種類 決算書

三鷹市 会社設立 行政書士 資金繰り 必要書類 印鑑証明書 種類 決算書

会社 設立 登記 必要 書類

三鷹市 会社設立 行政書士 資金繰り 必要書類 印鑑証明書 種類 決算書

詳細について 会社 設立 登記 必要 書類



あなたは今、合同会社の設立をスムーズに進めるためのサイトをお探しだと思います。 合同会社の設立の手続きは、株式会社と比べると工程が少なく、実際は4ステップしかありません。 定款と登記申請書をあらかじめ用意しておけば、登記申請までは1日で行うことも可能です。

(実際に登記が完了するのは、申請してから1週間後です) あなたがスムーズに独立・企業するときのための参考になればうれしいです。

もくじ

0. 合同会社設立の前に押させておきたいメリットデメリット 1. 合同会社の定款を作成する 1-1. 商号(会社名)を考える時の注意点 1-2. 事業目的を考える際の注意点 1-3. 本店所在地 1-4. 公告の方法 1-5. 社員及び出資 1-6. 有限責任社員 1-7. 業務執行社員 1-8. 代表社員 1-9. 営業年度 2. 資本金の振込 2-1. 資本金の振込は定款認証日以降 2-2. 通帳に各社員の名前の記載が必要 2-3. 社員が複数の場合は、代表社員の口座に集約して振り込む 2-4. 通帳のコピーをする 2-5. 払込証明書の作成 3. 法務局にて登記申請 3-1. 合同会社登記の方法は3種類(直接、郵送、オンライン) 3-1-1. 法務局に直接行って登記をする場合の流れ 3-1-2. 郵送にて登記をする場合の流れ 3-1-3. ネットにて登記をする場合の流れ 3-2. 合同会社登記申請の必要書類 4. 登記申請後、約1週間にて設立完了

0. 合同会社設立の前に押さえておきたいメリットデメリット

合同会社設立の流れ4ステップの前に、まずは合同会社の設立に関するメリットデメリットを把握しておくとよいと思います。

あなたがこれから行う事業に本当に合同会社が適しているのかをしっかりと判断しましょう。 詳しくは、「合同会社を考えるなら押さえておきたいメリット・デメリット」をお読みください。

1. 合同会社の定款を作成する

→合同会社の定款(紙)のひな型ダウンロード(詳しい記載方法は3-2で記載)

「定款」とは、会社設立時には必ず作成しなくてはいけないもので、会社の事業目的や構成員など様々な項目について記載されている文書のことです。

株式会社では、公証役場で公証人に自分が作成した定款を認証してもらう必要がありましたが、合同会社の場合は、定款を作成したあと、公証役場での定款認証がいりません。

よって、定款認証手数料の5万円が不要となるため、株式会社よりお得になります。

株式会社の定款と同じ項目は簡潔に記載しておりますので、詳しくは「会社設立の定款作成で必ず押さえておく事項11とその考え方」も合わせてご覧ください。

1-1.

Source: http://subaru-juku.com/llc-establish-480



作成した定款を公証役場で認証してもらい、資本金を振込、法務局で登記申請をすると、約1週間後に新会社が誕生します。

1. 公証役場での定款認証

「公証役場」とは、簡単にいうと、文書が正当な手続きによって作成されたことを証明してくれる機関のことです。 公証役場にて文書が正当であるかを見てくれる人を「公証人」と言います。

「定款」とは、会社設立時には必ず作成しなくてはいけないもので、会社の事業目的や構成員など様々な項目について記載されている文書のことです。

定款について詳しく知りたいかたは、「会社設立の定款作成で必ず押さえておく事項11とその考え方」をご覧ください。

会社を設立する第一歩は、公証役場で公証人に自分が作成した定款を認証してもらうところから始まります。

公証役場には郵送対応や、ネットでの提出はありません。

1-1. 管轄の公証役場を調べる

定款を認証してもらう公証役場はどこでも良いわけではなく、会社の本店所在地と同じ都府県内の公証役場でなければなりません。(北海道は例外) 全国公証役場所在地一覧から探しましょう。

1-2. あらかじめ定款の事前審査をしてもらう

定款を作成したら、まずは公証役場に電話をして事前審査が可能かどうか聞いてみましょう。 公証役場の公証人によって、ファックスやメール、PDFなど対応が違う場合があります。

1-3. 定款認証に必要な書類・費用

必要書類 定款1部(発起人全員の署名押印、割印が必要) →定款(紙)ひな形ダウンロード →定款(電子)ひな型ダウンロード 発起人(ほっきにん)全員の印鑑証明書1通ずつ 委任状(出向かない発起人全員分の名前が記載されたもの) →委任状(公証役場)ダウンロード 費用…約10万円 収入印紙…4万円(郵便局で買って用意していく)※電子定款の場合は不要 公証人へ払う認証手数料…5万円(現金で用意する)

Source: http://subaru-juku.com/establish-business-flow-231

別れさせ屋 静岡