神戸で資金調達に強い税理士!会社設立・顧問契約もお任せください!

神戸で資金調達に強い税理士!会社設立・顧問契約もお任せください!

会社 設立 神戸

神戸市で資金調達に強い!税理士。会社設立もお任せください!

詳細について 会社 設立 神戸



※ 実質価格とは、ご自分で手続された場合に係る総額と、ご依頼いただいた場合の差額です。

業種、事業規模等により異なりますのでお気軽に見積書をご請求ください。

現在、電子定款のみご利用コースのご依頼が急増しています。

※登記関連業務は提携先司法書士が手続きを行います。

Source: http://office-himawari.com/setsuritsuhiyou/index.html



会社設立に関しては、ぜひ事前に専門家に相談しましょう。 実は設立の手続きそのものは時間をかければ、すべてを自力で行うことも可能です。 もちろん、それには多少の手間と労力が必要です。 その時間を開業の準備や努力に当てたほうが効率的ともいえます。 それをどう考えるかは価値観の問題なので、ご自由に決められたらいいと思います。

ですが、会社は設立した後どうしていくかということの方が重要です。 事業を軌道に乗せなければなりませんし、税務申告等も必要になってきます。 税金の話は下記で説明しますが、設立の仕方により、税負担の額もかなり変わってきます。 設立の仕方によっては、すでに設立の時点で税額に差が出てくるのです。

そういったことを自分ですべて調べ、さまざまなシュミレーションをした上で設立するとなると、単に書類を作成して設立するということ以上の労力が必要になってきます。 その辺りは専門家を利用すれば、いろいろアドバイスを受けられたり、設立の手間の代行を頼めるのですから、設立前から多くの情報を集め、専門家に相談されることを絶対におすすめします。

弊所でも、さまざまな専門家との提携により、会社設立に関する次のような問題に対応しております。 年間に100社近くの会社設立を手がけている事務所とも提携しておりますので、設立をお考えの方はぜひともご相談ください。 他社の事例の紹介など、有益な情報もご紹介できると思います。

これから会社設立をお考えの方につきましては、無料でメール・電話相談させていただいております。 お気軽にお問い合わせください。 →お問い合わせはこちら

個人事業者 → 1,000万円が課税対象になる 法人     → 利益はゼロなので、税金はほとんどかからない 給与所得者 → 780万円が課税対象になる

つまり、法人成りすることにより、1,000万円が課税されていた社長は780万円の課税ですむようになるのです。 これは、給料は一定額が非課税になるからなんですね。

この一定額の非課税制度を給与所得控除といいます。 これがあるため、これまでは法人成りしたほうが税制的には有利といわれてきました。

しかし、これからはそう単純な話ではなくなってきます。

それは税制上の不備ではないか(法人組織にするメリットが大きすぎるのではないか)ということで平成18年の税制改正で特殊支配同族会社の損金不算入制度という法律が制定されました。 かなり話題になった税制ですので、みなさんも一度は耳にされたことがあるかと思います。

詳細は割愛しますが、この規定によりかなりの同族会社が増税になるという試算が出ました。 それが法人化を考えている人に少なからず影響を与えたようです。

ただ、この制度については反対論も根強く、その結果平成19年の税制改正で同制度の適用される会社が少なくなる改正が行われました。 具体的にいいますと、社長1人の給料+会社の利益が1,600万円までなら適用されないこととなったのです。

例えば社長の役員報酬が年額1,500万円で会社の利益が50万円ですと、両者で1,550万円となりますので、適用されません。 社長の給料が月100万円(年額1,200万円)でも、会社の利益が100万円くらいでしたら、この規定による調整はなくなったのです。 利益がある程度になるまでは法人組織化することによる節税メリットが保証された、ともいえます。

では会社組織にすると、どれくらいの節税効果があるのか、具体的に見ていきましょう。

例えば売上1,800万、仕入・経費1,080万の場合ですと以下のようになります。

次に、売上3,000万、仕入・経費1,800万の場合を見てみましょう。

Source: http://www.sakamoto-zeirishi.com/setsuritsu.html

別れさせ屋 山口