会社設立 福岡市 税理士 社会保険料 35

会社設立 福岡市 税理士 社会保険料 35

会社 設立 社会 保険

会社設立 福岡市 税理士 社会保険料 35

詳細について 会社 設立 社会 保険



会社設立後の手続き―保険関係―年金事務所―社会保険の新規加入手続き会社設立後の手続き―社会保険の新規加入手続きの手順・方法・仕方

狭義の社会保険(健康保険、介護保険、厚生年金)は、事業所を単位に適用されます。

ただし、事業所には、社会保険の加入が強制的に義務付けられているもの(=強制適用事業所)とそうでないもの(=任意適用事業所)とがあります。

この点、会社・法人の事業所は強制適用事業所となります。

したがって、会社を設立すると、その事業所には健康保険、厚生年金保険が適用されますので、事業主は、健康保険、介護保険、厚生年金(狭義の社会保険)の新規加入手続きをする必要があります。

なお、この場合、個人事業主の場合と異なり、事業主(経営者)も被保険者となることができます。

会社設立のデメリットとして、社会保険料の負担があげられることがありますが、見方を変えれば、事業主も被保険者となることができることは、大きなメリットともいえます。

年金事務所での社会保険の新規加入手続きの位置づけ・体系(上位概念)会社設立後の手続きのひとつ

会社を設立した後は、税務署、都道府県税事務所、市区町村役場、年金事務所、労働基準監督署、公共職業安定所(ハローワーク)といった官公署へ諸届けが必要となります。

会社設立後の手続き―概要・概略・全体像

この届出は、税金関係に関する届出と保険関係に関する届出に大別できますが、 年金事務所での社会保険の新規加入手続きは、保険関係に関するもののの一つとなります。

加入手続きを行う場所

事業所の所在地を管轄している年金事務所

加入手続きを行う者加入手続きの方法

後述の必要書類を作成・準備したうえ、管轄年金事務所に郵送するか、窓口に持参して行います。

期間・期限・時期―適用(加入)年月日

会社の事業所など強制適用事業所の場合は、原則として、後述の新規適用届の提出のあった日(年金事務所の受付日)となります。

ただし、実際は弾力的な運用がなされているようで、書類の提出が遅れても、事業の実態がタイムカードや賃金台帳などで明確に確認できる場合は、当該年月日まで日付を遡って受け付けてくれるようです。

必要な書類・用紙所定の届出書

次のような所定の届出書が必要となります。

すべて所定の様式の届出用紙があります。

様式は年金事務所にありますので、取りに行くか、郵送してもらうことができます。

また、日本年金機構のホームページからダウンロードすることもできます。

添付書類登記簿謄本または履歴事項全部証明書

法人であることと、事業所の名称、所在地、事業主名などを確認するために必要とされます。

なお、原本※を添付するようになっていますが、年金事務所でコピーをとってもらい、原本を返却してもらうことは可能です。

※原本とは、法務局が原本の写しであることを証明した印のある写し(コピー)のことです

不動産登記簿謄本、賃貸借契約のコピー、公共料金の領収書のコピーなど

事業所の所在地が登記簿と異なっている場合は、所在地を確認するために必要となります。

| 現在のカテゴリ:手続き―会社設立後の手続き・届出 |

現在のカテゴリ:手続き―会社設立後の手続き・届出

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 13 ページ(カテゴリページは除く)]

Source: http://naiyoshomei.k-solution.info/2010/01/_1_278.html



この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

目次 起業するなら個人事業主が良いか法人が良いか? 法人設立(会社設立)による5つのメリット 法人設立メリット1.取引先の信用が上がる 法人設立メリット2.資金調達しやすくなる 法人設立メリット3.節税メリットが受けられる 法人設立メリット4.求人の印象が良くなる 法人設立メリット5.相続税がかからない 法人設立(会社設立)による3つのデメリット 法人設立デメリット1.社会保険料の負担が大きい 法人設立デメリット2.払わなければいけない税金がある 法人設立デメリット3.事務手続き負担が増加する 会社設立5つのメリットと3つのデメリットのまとめ

起業するなら個人事業主が良いか法人が良いか?

もしあなたが起業して社長になりたいと思ったら、個人事業主から始める方法と法人(会社設立)で始める2種類の方法があります。

また、現在個人事業主の場合は、法人成りすることもあるでしょう。

「社長になりたいなら絶対に法人を作らなければいけない!」

ということではなく、個人事業主、法人それぞれメリット・デメリットがあるため、しっかりと考えた上で起業しなければいけません。

そこで今回は、法人(会社設立)を設立することによるメリット・デメリットをご説明致します。

ちなみに、会社、法人、企業などの言葉の意味は以下をご参考に。

参考: 日本の企業数、倒産件数、赤字会社の割合、上場企業数など

法人設立(会社設立)による5つのメリット

まず個人事業主ではなく、法人を設立するメリットは以下の5つです。

—– メリット1.取引先の信用が上がる メリット2.資金調達をしやすくなる メリット3.節税メリットが受けられる メリット4.求人の印象が良くなる メリット5.相続税がかからない —–

法人設立メリット1.取引先の信用が上がる

以前に比べて、法人が個人事業主と取引をする機会は増えたように感じます。

法人が個人事業主と取引をするメリットは、

—– ・法人よりも個人事業主の方が単価が安いことが多い ・個人事業主の方が小回りが効きやすい ・個人事業主の方が作業者の顔が見えやすい —–

もちろん、「あの人は個人事業主でも能力があって、責任感が強いから任せたいんだ!」ということもあるでしょう。

ただそうは言っても、やはり個人事業主よりも法人が選択されることの方が多くなります。

個人事業主が悪いわけではありません。取引が大きくなるほど、個人事業主だと物理的に負える責任が限られてくるため、取引相手のリスクが増えてしまいます。

例え、その個人事業主がいくら責任感が強くても、突発的な事故や病気など当人にはどうにもできないことが起こってしまうと、発注者の仕事に支障をきたす可能性があります。

ただ、誰にどのような事情があろうとも、仕事は全うされなければいけません。信用があろうが、責任感があろうが、関係ありません。

そのため法人化して、組織運営をすることでリスクヘッジをできる体制を作ることが信用を上げる手段になります。

法人設立メリット2.資金調達しやすくなる

融資を受ける場合、銀行などの金融機関で審査を受けます。

ここで、「個人事業主か法人かは特に問題ではなく、事業の内容などが重要視されます。」という文言をあちこちで見ますが、残念ながらこれは間違いです。

建前上は個人事業主、法人ではなく中身なのかもしれませんが、融資判断をする責任者は人です。そして融資を推す担当者も人です。

理由は別の記事でお伝えしますが、人が介在する以上、心情的には個人事業主よりも法人の方が融資を受けやすいと考えられます。

また、金融機関以外の資金調達においても同様、融資判断をするのは人なので、法人・個人事業主によって考慮する点や見え方が変わってくると理解した方が良いでしょう。

法人設立メリット3.節税メリットが受けられる

個人事業主として事業所得(売上)がある程度増えてくると、法人成りした方が無駄な税金や社会保険などにかかるコストを減らすことができます。

節税に効果が出てくる目安は、事業所得1000万円と言われています。もちろん節税と言っても、会社設立コストは発生するため、費用対効果を見極めた上での判断になります。

また、個人事業主と法人では経費計上できる科目が違うので、顧問税理士としっかり話し合って、無理がない自然な節税をできるようにしましょう。

節税に関しては、こちらを読んで勉強してください。

Source: http://www.syachou-blog.com/company-formation-ad-and-da/

別れさせ屋 山形