エストニア法人設立の手順Corporate tax法人税0%は世界一優遇されている

エストニア法人設立の手順Corporate tax法人税0%は世界一優遇されている

会社 設立 法人 税

エストニア法人設立の手順Corporate tax法人税0%は世界一優遇されている

詳細について 会社 設立 法人 税



最近、「できるだけ毎月のコストを減らしたい!」というお考えや、「税理士がどのようなサポートをしてくれるか明確でないのにお金を払うのはちょっと・・・」という方から、「決算だけお願いしたい!」というお声を聞く機会が増えてきました。

そこで当事務所ではスポットOKの決算申告サポートサービスを行っております。 また、人によって困りごとは様々ですので、お困りごとやニーズに合わせたプランをご用意いたしました。

決算申告サポートメニュー

「決算は自分でやっているので、申告書だけ作成してほしい」という方向け! お客様自身にて入力してある「経理データの漏れがないかの確認」・「申告書 (法人税申告書、消費税申告書、事業概況書、地方税の申告書、税務代理権限書) の作成」・「申告書提出の代行」を行います。

電子申告に対応しているため、期日ギリギリの対応も可能です! 経理データ入力まで完了しており、法人税申告書の作成のみをご希望の方にオススメのサービスです。

>> 詳しくはコチラをご覧ください。

————————————————————————–

上記サポートと違いはお客様が入力された経理データを税理士がチェックし、確認して修正まで行うことです。 「自分で記帳は行っているが、決算申告は税理士に任せたい!」という方向け 手間をかけず、楽々法人税申告書を作成いたします。 必要書類をお送りいただき、それを元にお客様にて記帳いただいている「経理データの漏れがないかの確認」・「経理データの修正」・「申告書 (法人税申告書、消費税申告書、事業概況書、地方税の申告書、税務代理権限書) の作成」・「申告書提出の代行」を行います。

当事務所では会計ソフトへのチェックから法人税申告書の作成までを一括で対応しております。 法人税申告書の作成は誰かにお願いしたいという方にオススメのサービスです。

————————————————————————–

「領収書・請求書がそのままで、記帳も何もしていない・・・」という方向け! 全てそのまま送っていただきますと、そちらの資料を元に当事務所にて記帳を行います。 「経理データの記帳」・「決算書の作成」・「法人税作成用ソフトへの入力」・「申告書の提出」・「納税」・「書類の保存」を行います。

駆け込み申告にも対応しておりますので、「1ヶ月を切ってしまった!」という方にもオススメです。 「何もしていないから全て任せたい!」という方は一度お気軽にご相談ください。

>> 詳しくはコチラをご覧ください。

ほとんどの方が、経理データ入力を一切行っていない状態からのご依頼ですので、安心してお任せください。 領収書、請求書をそのままダンボールで送ってくださって大丈夫です!

————————————————————————–

※作業量が膨大な場合や2期目以降は、別途お見積りさせていただく場合があります。

Source: http://shiotani-kigyo.com/250/



  ・起業開業相談・会社設立お任せください。創業を目指すあなたの疑問にお答えします。

 ・第2創業(リタイヤ後の起業、再起を目指す方など)を積極的に応援します。

   ・公的資金融資申込のお手伝いをします。どうしたらよいかわからない方はお電話下さい。

   ・建設業に強い税理士。建設業許可・労災・記帳など建設業者さんの悩みを解決します。

   ・いつでも、何でも、気軽に、ご相談ください。すぐにあなたの悩みが解決できます。

どちらにするか迷うところですが、いくつかのポイントをあげてみました

 ・設立手数料は、委託する行政書士さん等によって違いますが   5万円〜10万円ぐらいだと思います。

 ・会社の実印登録をするため会社印(1万円位)が必要です。    あまりお勧めしませんが、個人の認印を会社印として登録しても   かまいません

 ・必要に応じ謄本(600円)印鑑証明(450円)がかかります

�B株式会社にするか合同会社にするか  株式会社と合同会社は、税金上は特に違いはありません。  一番の違いは、「見た目」だと思います。代表者名称が株式会社は代表取  締役、合同会社では代表社員となります。事業内容により会社の名称が  株式の方が良ければ株式会社、特に見た目を気にする必要がなければ  合同会社で良いのではないかと思います

�C結論  株式会社で30万円位、合同会社で15万円位あれば設立できます。

�@法人(資本金1000万円以下)

  住民税均等割(赤字でも毎年必要です)                      71,000円(名古屋市68,500円)

  法人税・住民税・事業税      利益の25%〜35%くらい

  住民税   課税所得×10%+4000円(均等割)

  所得税   課税所得×税率(以下の表のように累進課税になっています)          

※課税所得とは個人事業の利益から青色申告特別控除と扶養控除等の    所得控除額を引いた残額です。

�B結論  ケースバイケースだと思うのですが、利益が500万円ぐらい       出るのであれば法人にして、利益相当分を、社長が役員報酬       をとる方が得になるのではないでしょうか。       

�@課税事業者  消費税は2年前の売上が1000万円を超えるかどうかによりを基準に  して「課税事業者」か「免税事業者」かが決まります。つまり開業初年  度及び2年度は免税事業者となり消費税を納付する必要がありません。  (2年前の売上が1000万円以下であっても、一定の場合は前年の   売上、給料の支払額により 課税事業者となる場合があります)

�A還付  消費税は、課税事業者が預かった消費税(売上等)から支払った消費  税(仕入等)の差額を、国に納付するという仕組みになっています。  しかし、開業にあたって多額の設備投資をした場合はどうでしょう。  預かった消費税(売上等)より支払った消費税(仕入等、設備投資)が  多くなってしまうことがあります。この場合、課税事業者であれば差額  を還付してもらうことができます。  しかし、�@のように開業初年度及び2年度は免税事業者となり、納付を  しなくてもよいが、還付を受けることもできません。もし、還付をうけ  る場合には特別な届出をしなければなりません。また、その届出をす   ることにより一定の制約を受けることになります。開業にあたって多額  の設備投資をする予定がある方は、必ず・あらかじめ専門家に相談  してください。

�B結論  1年目・2年目は個人事業者、3年目から法人にすると、        約4年間消費税を納付しなくても済みます。

   一般的に法人にした方が、必要経費の範囲が広く個人より認められ   やすく、生命保険に加入することによる節税が可能となります。   しかし、法人は接待交際費が総額800万円までしか、経費にするこ    とが認められていません。接待交際費が、多額に必要な事業につい    ては、意外に税負担が増えることがありますので注意が必要です。

   従業員5人未満又は一定の業種の個人事業は、社会保険に加入する   必要はありません。しかし。法人は、たとえ社長1人しかいなかった   としても強制適用事業所となります。はじめて社会保険料に加入した   社長さんはその負担の重さに驚かれます。税金は、利益が出て黒字の   ときしか課税されませんが、社会保険は会社の業績に関係なくかかっ     てきます。    ただし、優秀な人材を確保するには、保険関係の整備は必要です。   開業後の事業の方向を考え慎重に加入の検討をすることが必要です。

   当たり前ですが、個人商店×××より〇〇〇株式会社の方が対外的   な信用が高いといえます。    また、一般的に法人の方が借入がしやすいと言われています。

   個人事業、法人設立とも長所・短所があり、一概にどちらが良いと   は言えません。大切なことは、自分がやりたい事業の方向を決め、   計画をたて、その中で、最初はどちらを選択したほうが良いかとい   うことを、必要であれば専門家の意見を聞いて、決めることではな   いかと思います。

 〒458-0044  名古屋市緑区池上台1-184

アピタ鳴海店近く「池上台」交差点を北に300m1つ目信号角です。 林不動産の隣です。 林不動産隣に駐車場あります。      安田会計事務所  行政書士・税理士 安田正倫

      [営業時間]   9:00〜18:00        [休日]        日曜・祝日

    電話 052-892-7555

 FAX    052-892-7566  メール:  [email protected]

Source: http://www.yasuda-tax.com/article/13541364.html

別れさせ屋 宮城