あおぞら元気ケア5条・7条社内研修用 嚥下体操 歩行訓練 水戸日立

あおぞら元気ケア5条・7条社内研修用 嚥下体操 歩行訓練 水戸日立

会社設立 水戸市

創業支援専門税理士 > サービス > 会社設立0円

会社設立0円会社設立サポート会社設立をご検討の方へ

自分で設立するよりも専門家にご依頼いただくほうがお得であること、ご存知ですか?

まずは、当事務所にご依頼する場合とご自身で設立される場合の費用や手間を比較して頂きたく思います。

当事務所では、これまでにもお客様の会社設立をサポートさせていただいており、専門家として見ておきたいポイントも抑えております。 会社の設立はこれから始まる経営のスタートです、しっかりと準備を行いましょう!

会社設立サポート(手数料0円!起業家応援プラン) ※顧問契約をご依頼いただいた場合株式会社設立にかかる費用の詳細合同会社(LLC)設立にかかる費用詳細

手数料0円は顧問契約もご依頼いただいた方への特別価格となっております。 手続のみご依頼されたい方は、こちらを御覧ください。

Source: http://ryoki-blog.net/2014/10/entry3614.html



動画を見ます 会社設立 水戸市

あおぞら元気ケア5条・7条社内研修用 嚥下体操 歩行訓練 水戸日立

詳細について 会社設立 水戸市

と検索してみてください。 手数料0円のオンパレードです。

なぜ0円で会社設立できるのか

「ただより高いものはない」とはよく言いますが、それではなぜ0円で会社設立できるのでしょうか。 その解説の前に通常の会社設立手続きから説明しますね。

株式会社を作る場合、定款認証と設立登記の手続きが必要です。 主に司法書士と行政書士が手続きを代行します。

司法書士の場合、定款認証と登記手続きを代行。 行政書士の場合、定款認証のみ代行。登記は司法書士に外注。 行政書士は登記を代行することができません。そのため司法書士に外注することになります。

当然、手続きを代行するので報酬が発生します。 司法書士、行政書士どちらに依頼しても大体数万円の費用がかかります。 ※その他、登録免許税や公証役場に支払う手数料がかかりますがここでは割愛します。

これが「会社設立0円」ビジネスモデルができる前の会社設立手続きです。 この場合、司法書士や行政書士が0円で手続きをすることはありえません。

当然ですね。手続き代行で報酬がもらえなかったら売上が立ちません。

それではなぜ0円で会社設立ができるのでしょうか。 実はこのビジネスモデル。税理士がいないと成り立ちません。

税理士が会社設立に参入!

ここで税理士が登場です。 会社を設立すると税務手続きが必要になりますから税理士にバトンタッチ! 司法書士・行政書士が会社を設立し、税理士にバトンタッチをするわけです。

会社設立0円は違います。 会社設立の窓口が税理士になります。

最初に戻りますが 「会社設立 登記」 で出てくる手数料0円のオンパレード。

運営はまず間違いなく税理士事務所です。 なぜ税理士か。

税理士の主な報酬として月額の顧問料があります。 この月額の顧問料から会社設立の手続き費用を回収します。

つまり、会社設立0円の場合、毎月の顧問料の支払いが条件になります。 顧問が条件じゃないと費用を回収できないからです。

ちなみに定款認証手続き、登記手続きは外注です。 税理士事務所から司法書士・行政書士に外注し、報酬が支払われます。

このビジネスモデル、どこかで聞いたことないですか?

そうです。携帯です。 iPhone6を携帯キャリア3社で購入した方。 最初に端末代金払ってないですよね? 端末代金は基本的には24回払いです。 つまり、毎月の通話料や通信料といっしょに支払われます。 そして2年縛り。途中で解約すると手数料や端末の残代金を支払う必要があります。

「イニシャルコストはかからずランニングコストで回収」

この面だけ見ればまったく同じビジネスモデルです。

トラブルが多いという話も聞きます

しかし、会社設立0円は税理士とクライアント、つまり「ヒト対ヒト」。

「顧問税理士との相性が合わない。」 「クライアントと連絡が付かない。(ただの設立目的で逃亡)」 「業績が悪く顧問料が支払えない。」 「他の税理士の方がいいから解約したい。」

などなど、トラブルも多いということをよく耳にします。

以前は株式会社を設立するのに資本金は最低1000万円必要でした。 それくらいの資本があって法人化するわけですからちょっとやそっとで会社を畳むことはありません。

今は資本金1円でも可能。 実費が20万円かかりますから会社を作った瞬間赤字会社なわけです。

よく「会社設立報酬が暴落したのは税理士のせいだ」という声を聞きます。 しかし、私はそうは思いません。 私は「資本金がいくらでもよくなったから」だと思っています。

1000万円の資本金の会社。10万円の資本金の会社。 設立費用はどちらもいっしょです。

「報酬が高い!」と感じるのはどちらの会社を作ろうと思ってる社長さんでしょうか。 言うまでもないですね。

会社設立の報酬が下がってしまったのは以前よりも作るひとにお金がないからです。

そのニーズに応えた会社設立0円のビジネスモデルは本当に秀逸だと思います。 しかし、会社社長としての器が備わっていないまま会社を作るひとが増えてしまったのもまた事実。

トラブルにつながってしまうわけです。

社長への道を開いてあげること。 これを我々専門家はどう判断すればいいのか。 非常に難しい判断です。

作りたいと言われたから作る。それでいいのか。 今はやめたほうがいい。はたしてそれを言う資格があるのか。

起業にかかわる人間として、最重要の課題かもしれません。

顧客不在の論争は無意味

最後に。業際の問題について私の考えを。 業際の問題は、簡単に言えば士業同士の縄張り争いみたいなものです。

行政書士が会社設立登記をやるなんてけしからん。 税理士が役員変更の登記をやるなんてけしからん。 税理士が社会保険の手続きをやるなんてけしからん。 行政書士が交通事故業務やるなんてけしからん。 司法書士が遺産分割協議書を作るなんてけしからん。

異論はあるかもしれませんが、私はハッキリ言ってどうでもいいです。 どうでもいいというのは「自由にやれ」ということではなく「興味がない」ということです。

お客様には関係のないことだからです。 どの資格を持ってるひとにやってもらうかなんてたぶんどうでもいい。 縦割り行政といっしょでいわゆる「こっち側」の事情です。

もちろん、私は司法書士ができない仕事はやっていません。 それが「ルール」ですから。 「ルール」として認められていない以上、それ以上何もいうことはありません。 仮に「ルール」を逸脱してるひとがいたとしても自分が守っていればそれでいいです。

凄い気を遣いますけどね、業際。 できるのにできないと言わなければいけない。それも「こっち側」の事情で。 それが何よりお客様に申し訳ないです。

会社設立0円と携帯キャリア。そして士業の業際。

類似の記事:人気の記事:

Source: http://www.tokyo-central.jp/553-2/555-2/

別れさせ屋 神戸