えっ?こんだけ?会社設立出来ました

えっ?こんだけ?会社設立出来ました

会社設立

会社の種類

現在、日本の会社には「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類があります※。 この4種類のうち「合名会社」「合資会社」は現在作る人はまずいないといっていい状態のため無視します。 ※以前は有限会社もありましたが、2006年5月に廃止され、新たに作ることはできなくなりました。 残る2つのうち、圧倒的にメジャーなのが株式会社です。誤解を恐れずに言うと、会社設立=株式会社というイメージすらあるのではないでしょうか。 「会社をつくりたい」という方の多くは、株式会社を設立することになると思います。 また、もう一つの有力な選択肢が合同会社です。これは2006年5月に出来た新しいタイプの会社です。 設立費用が株式会社よりも安いことや、利益分配が柔軟にできることから、少人数での起業に適しているとされており、近年設立が増加しています。 以下に株式会社と比較した特徴をまとめました。

会社設立にかかる費用

必要な費用を表にまとめました。専門用語が並んでますが、気にせず金額だけ見て下さい。 「紙の定款の場合」と「電子定款の場合」とで金額が変わっていますが、当サイトでは安い電子定款を使うやり方を解説していきます。

 ※株式会社、合同会社とも他に定款や登記簿の謄本等で数千円がかかります。

説明を読んで、株式会社または合同会社をつくることを決意されたという方は、ご自身に合った会社設立を行っていただくためにも、設立の手続きに入る前に 「会社設立「自分でやる」VS「専門家に依頼」どちらがおトクなの?」へと進んでください。

会社設立「自分でやる」VS「専門家に依頼」どちらがおトクなの?へと進む

Source: http://sbc-seturitu.com/



動画を見ます 会社設立

えっ?こんだけ?会社設立出来ました

詳細について 会社設立

会社設立はどこでも同じだと思っていませんか?

会社設立の登記をするためには「会社名」「住所」などの会社情報を決める必要があります。 会社情報が全て決まっている場合は正直なところ、どの会社設立の代行会社に依頼しても同じです。

ただ…会社情報の内「事業目的」「決算月」「資本金額」「役員構成」「株主構成」などについては本当に充分に検討はできていますか?

いずれも安易に決めてしまうと『事業がスタートできない』『無駄な税金がかかってしまう』『数年後に会社が潰れてしまうリスクがある』といったことにもなり兼ねません。

会社設立の難しさは登記手続きではなく、実は会社情報を決めるところにあるのです!

「思い通りの形で会社を設立したい」「融資や助成金を受けることのできる会社にしたい」「せっかく会社設立を専門家に任せるのであれば節税も含めた総合的なアドバイスをして欲しい」

このようなニーズのある方は、ぜひ東京会社設立センターにお問い合わせください!

私たちは運営母体が創業20年以上の税理士法人のため節税アドバイスはもちろんのこと、会社設立・会社経営についてのアドバイスには自信があります!

書籍やインターネットの情報だけでは不安…という方は、一度、無料相談の機会に“本当の専門家”の話を聞いてみませんか?

Source: http://kaisya-tsukuro.net/cost.html

別れさせ屋