合同会社設立 役員 決め方 埼玉県 越谷市

合同会社設立 役員 決め方 埼玉県 越谷市

会社設立 さいたま市

会社設立も一歩間違えれば多額の不要な税金を支払うことになります。 例えば、原則会社設立から2事業年度は消費税の免税事業者であり消費税を支払う必要がありません。

・・・・・・・・資本金1,000万円以上で会社を設立すると・・・・・・・・・・

資本金1,000万円以上で会社を設立すると

いきなり初年度から消費税の支払い義務が発生します!更に市区町村に支払う税金も5万から16万にUP!!

会社設立時から、創業支援に強い税理士が 関わり、その後の会社税務もお任せ! 顧問料は地域最低水準&高品質で 安心の保証をいたします。

Source: http://www.seturitu-saitama.jp/



動画を見ます 会社設立 さいたま市

合同会社設立 役員 決め方 埼玉県 越谷市

詳細について 会社設立 さいたま市

格安会社設立センター埼玉・東京の特徴会社設立手数料△4千円

 創業以来会社設立に特化したサービスをご提供させていただいております。ほとんどの会社の方が新規設立法人です。これから新しく会社を設立される方に、今までのノウハウを活かし必要なサービスをご提供いたします。

当センターはベンチャー会計事務所です。仕事の効率化のため男性にネクタイ着用を不要としています。

格安会社設立センター埼玉・東京の特徴

★ 会社設立前のご相談には、会社設立担当税理士がご指定の場所にお伺いします。(埼玉・東京及びその近隣)

★ 会社設立後の税理士費用が安い!!

�@ 会社設立担当税理士が直接お伺いし設立前のご相談に応じます。

�A 会社設立専門会計事務所としてのノウハウがあります。

�B 経理・社会保険・許可・給与・事業計画などトータルサービスをご提供いたします。

�C 真面目な職員(税理士志望者も多い)が、日々地道な経理代行作業をしています。

�D 会社にかかる質問などは別途料金を生じない明快な料金体制を公開しています。

�E 税理士・行政書士が事務所に在籍、社会保険労務士・司法書士・弁理士も

  グループに所属しているため、会社にかかる対応が弊社でワンストップできます。

�F 銀行とのつながりを大切にしているので、会社の資金計画のとき協力できます。

★お急ぎの会社設立に対応します。できるだけ早くという会社設立も別料金はありません。

 銀行からの資金調達の制度や仕組みについて担当税理士がご説明いたします。必要であれば日本政策金融公庫や銀行のご紹介も承ります(資金計画が明瞭な場合)。

  エクセルで事業計画書のひな形を用意していますので必要な方には無料でご提供いたします。手書きで書くと大変なのですが、エクセルでしたら何度でも書き直せますので便利です。

 資金調達は無担保融資が中心になると思います。無担保融資には東京都や埼玉県などの都道府県の制度融資と日本政策金融公庫国民生活事業部の融資制度があります。無担保といっても通常代表者の個人保障は必要です。利率は制度融資のほうが低目になっています。日本政策金融公庫は担保を出すと金利が安くなる制度もあります。

 東京都は、区役所ごとに制度融資があります。区役所の産業課などが窓口になります。埼玉県は県制度融資が一般的です。県の制度融資ですが窓口は、埼玉県内にある民間銀行です。埼玉県でしたら、埼玉県内にある、埼玉りそな銀行、武蔵野銀行、都市銀行、信用金庫どこでも扱っています。川口市とかさいたま市などにも市独自の融資制度があります。川口市の融資制度は県制度融資と同じくらい有利なものです。

 例えば埼玉県の制度融資の場合、新規開業・独立の場合は新事業創出貸付か独立開業貸付が該当してきます。どちらも開業前ですと融資額に対する自己資金を証明する必要が出てきます。新事業創出貸付は、開業5年未満が対象です。独立開業貸付は開業・独立から2年未満の方が対象です。どちらも販売実績があり、事業計画や事業展開する際必要になる見積書などがあると有利になります。

 返済期間は運転資金ですと7年設備になると10年が限度になります。例えば運転資金で1千万円借りると月13万円くらい返済することになります。毎月13万円の返済を利益から行うという事業計画でなければなりません。

 女性経営者には別枠で女性企業家支援貸し付けなどが用意されています。特別に利率が安いというわけではありませんので、審査の過程で女性企業家を支援する用意があるということかもしれませんが、融資の審査は個々に信用保証協会の基準で行うことになります。

 日本政策金融公庫国民生活事業部では、会社設立や開業・独立する方に「新規開業資金」などの融資制度を用意しています。日本政策金融公庫では資料をそろえれば開業前でもおおよその融資金額を事前に審査してくれます。開業してから予定している資金を受けられないとなると事業計画が実行できなくなりますので、事前審査制度は開業資金を必要とする方には安心できる対応になります。

 「新規開業資金」は同じ業種で開業する方、雇用の創出をする方、新たな技術や需要の創出をする事業などに該当する個人・会社が対象になります。運転資金は7年、設備資金は20年以内での返済になります。

 借入をする場合には、事業計画書が大切になります。事業計画書についてはこのページの事業計画書の項目をご覧ください。

 会社設立後必要となる手続きで、社会保険の適用、雇用保険、労災の仕組みなど会社設立担当がご説明いたします。社会保険については、弊社でお客様に説明用として作成しています会社設立の資料にもわかりやすく疑問点を記載してあります。

 社会保険労務士がグループ内に所属していますので、介護事業者など職員を多く採用する業種の方でも会社設立後の経理と社会保険をワンストップ対応できます。弊社と連携を取っていますので2度手間にならないと思います。会社を大きくしていくうえで従業員のトラブルなど労務の問題をご心配される社長にも安心だと思います。

 助成金の種類は少なくなっていますが、該当する助成金があるようでしたら内容をご説明いたします。弊社は経営支援機関に認定されています。創業助成金の申請をした実績もあり助成金を受けています。

 助成金は、雇用に関するものが一般的です。開発などモノづくりの助成金は倍率が高く難しいといわれています。雇用に関する助成金と開発に関するものに対する助成金は担当する行政機関が異なります。雇用に関する助成金はハローワークが窓口になることが一般的です。従業員を採用する場合で、60歳以上の方、母子家庭の母、ついたことのない業種で採用する方などの就職弱者を雇用保険対象としてハローワーク

Source: http://www.konishi-tax.com/

http://xn--48jm9l298kilg8rghvi.com