2015年11月28日放送分 滋賀経済NOW

2015年11月28日放送分 滋賀経済NOW

会社設立 滋賀県

2015年11月28日放送分 滋賀経済NOW

詳細について 会社設立 滋賀県



海外在住の外国人の会社設立手順

会社設立に必要な書類は、通常の場合、以下のとおりとなります。

また、株式会社と合同会社では、必要書類は異なりますので、ここでは株式会社設立に必要な書類を例示しています。

①設立登記申請書 ②定款 ③本店所在地決議書 ④代表取締役の就任承諾書 ⑤取締役の就任承諾書 ⑥資本金の払込証明書 ⑦発起人の印鑑証明書 ⑧取締役の印鑑証明書 ⑨印鑑届出書

⑦と⑧で必要となる印鑑証明書は、在留カードを交付されている日本に住所を有する外国人であれば、印鑑登録を行えば問題なく準備することができます。

ですが、日本に住所のない海外在住の外国人の場合は、日本の印鑑証明書を準備することができません。

そのような場合、その国に印鑑証明制度がある場合は「その国の印鑑証明書と日本語の翻訳文」、印鑑証明制度がない場合は「サイン証明」を準備することになります。

サイン証明

サイン証明は、海外本国の領事館などで作成する必要があります。

作成の手順としては、以下のとおりとなります。

海外の印鑑証明

次に、海外の印鑑証明については、印鑑証明制度がある中国と台湾を例に挙げておきます。

中国の場合台湾の場合

台湾の場合、印鑑証明を取得するための手続きが少し煩雑になっています。

海外在住者の代表取締役について

法務省は、平成27年3月16日付で、以下のとおりに取り扱いを変更しています。

「昭和59年9月26日民四第4974号民事局第四課長回答及び昭和60年3月11日民四第1480号民事局第四課長回答の取扱いを廃止し、本日以降、代表取締役の全員が日本に住所を有しない内国株式会社の設立の登記及びその代表取締役の重任若しくは就任の登記について、申請を受理する取扱いとします。」

これによって、海外在住者が代表取締役という法人が設立可能となりました。

ですが、ここで一つ問題が生じる場合があります。

会社設立手続きの中で、資本金を発起人の銀行口座に入金するという手続きがありますが、この発起人の銀行口座は、日本の金融機関の口座である必要があります。

また日本の金融機関の口座を開設するためには、日本に住所を有している必要があるため、海外在住者で日本に住所がない外国人は銀行口座を開設することができません。

発起人が複数いて、そのうちの一人が日本の銀行口座を持っているような場合は問題ありませんが、そのような発起人が誰もいない場合は、手続きを進めることができません。

また、別の問題として、経営管理(投資経営)ビザを申請するためには、少なくとも日本に事業所を確保している必要があります。

このような場合は、少し特殊な手続きを行う必要がありますので、別ページで詳しく説明いたしますね。

詳しくはこちら「4ヶ月の経営管理(投資経営ビザ)について」

このページでは、日本に協力者がいるような場合についての申請手順をご説明いたします。

海外在住の外国人の会社設立手順定款作成

作成した定款や就任承諾書などに海外在住の外国人の本国の印鑑証明(又はサイン証明)が必要となります。

株式会社設立の場合は、公証役場での定款認証が必要となりますが、合同会社設立の場合には、定款認証は必要ありません。

詳しくはこちら「株式会社と合同会社」

事務所の確保

申請者の協力者などが日本にいる場合は、その協力者などが事務所を確保する必要があります。必ずしも会社の登記簿上の本店と事業所が同じである必要はありませんが、同じであるほうが無難です。

事務所を確保する場合、自己所有物件などがあれば、問題ありませんが、賃貸物件である場合には、以下の点に注意して賃貸契約などを締結します。

事業所の要件については、こちらのページで詳しく解説しています。

詳しくはこちら「事業所の確保について」

会社設立在留資格認定証明交付申請

日本の入国管理局で在留資格認定証明交付申請を行います。

無事、在留資格認定証明書が交付されれば、申請者の本国へ郵送します。

申請者は在留資格認定証明書を本国にある日本領事館で、経営管理(投資経営)ビザの交付を受け、日本に来日します。

日本に来日後、経営管理(投資経営)ビザの事業活動を行う。

Source: http://effort-office.net/



最新情報

第1回 日本行政書士会連合会 知的資産経営コンテストにて、大賞を受賞しました。 2016年03月18日 お知らせ 第1回 日本行政書士会連合会 知的資産経営コンテストにて、大賞を受賞しました。 これからもお客様に喜んで頂けるよう、奢ることなく精進いたします。 「プロフィール」へ 著書【ベイスターズファンの経営者が実践する任せる経営】が出版されました。 2016年01月23日 お知らせ ㈱ジェイジェイエフとその社長志村保秀氏を例に挙げ、戦略・マーケティング・顧客価値・事業承継などを知的資産経営の視点で解説。 中小企業・小規模事業者の経営の新たな発見・ヒントが得られる経営書です。 Amazon、書店等で絶賛発売中。 「著書のご案内」へ

お客様の声

訪問看護ステーション (株)aneLa様 「全部乗っかっちゃってください」の言葉に、お願いして正解! 定款作成等全くの素人なので、専門家に任せてミスなく進めたいと思っていました・・・ 続きを読む (一社)ハートタッチあろまーる様 法人設立に引き続き、事業計画のご相談もして頂きました! 事業計画・・・私の弱い所。中島先生のお蔭でサクサク進んでスッキリです!・・・ 続きを読む 麺屋ジョニー様 会社設立以外のお話も色々聞かせて頂き感謝! 信用できる事務所からの紹介により決めました。・・・ 続きを読む

サービス紹介会社・法人設立支援

会社・法人設立でお困りなら、何でもご相談ください。 安価な手続きによる今後の経営を反映していない“ひな型通り”の定款で、後々いろいろ変更が生じたという方を多く見てきました。 エフォート行政書士事務所なら、戦略的かつお客様の今後を踏まえた会社が設立できます。

また、お客様のご希望に応じて、定款の事業目的の1番目に、戦略や事業価値、コンセプト、理念、想いなどを入れる当事務所独自の「ミッション in 定款(略してMIT)」※ご提案もさせて頂きます。

定款変更、議事録の作成

事業目的、商号、本店所在地、役員の変更など各種変更に必要な定款変更や株主総会議事録。 面倒な書類作成だけでなく、お客様の事業展開に合わせたご提案もさせて頂きます。

また、目的変更の際には、事業目的の1番目に、戦略や事業価値、コンセプト、理念、想いなどを入れる当事務所独自の「ミッション in 定款(略してMIT)」のご提案もさせて頂きます。

知的資産経営の支援

御社の強みの見える化、把握と活用のお手伝い。 強み(知的資産)を生かした戦略策定、事業計画、マーケティング、事業承継、社内マネジメントなどの経営課題の解決に向けたサポートを致します。 知的資産経営の支援においては、全国屈指で滋賀でNo.1の支援実績があり、高い評価を頂いております。

契約書作成

「リスク回避のためにしっかりと契約書を作りたい。」「こちらが有利になるような契約書にしたい。」そういったことでお悩みの方にオススメのサービスです。 御社の事業内容もお聞かせ頂いた上で、戦略的な観点も踏まえて作成させて頂きます。

建設業の許可、経営事項審査(経審)申請等の手続き

建設業の許可申請や許可更新、毎年の決算変更届、経審などの手続き等をさせて頂きます。 そのほか、宅建業の免許申請等の手続きも承っております。

風俗営業許可・深夜酒類提供飲食店営業の届出の手続き

ラウンジやクラブを営業するのに必要な風俗営業許可や、バー等の深夜にもお酒を提供する飲食店に必要な深夜酒類提供飲食店営業(深酒営業)の届出手続き等をさせて頂きます。

「風俗営業許可・深酒営業届出手続き」へ

よくあるご質問主なサービスの報酬額表(表示は税別) ~会社設立、定款変更、議事録、契約書、許認可~

プラン名 報酬額 (税別) 詳細・備考 株式会社設立サポート ¥120,000 お客様と面談後、諸々の手続きを進めさせて頂きます。 1人発起人・1人取締役の場合は、100,000円+税です。 登記は本人申請で、ご希望により法務局のご案内も兼ねてご同行も致します。(以下、設立関係は同様) 合同会社設立サポート ¥70,000 お客様と面談後、諸々の手続きを進めさせて頂きます。 登記は本人申請で、ご希望により法務局のご案内も兼ねてご同行も致します。 一般社団法人設立サポート ¥120,000 お客様と面談後、諸々の手続きを進めさせて頂きます。 公益認定を想定した場合は、要見積となります。 NPO法人設立サポート ¥180,000 お客様と面談後、諸々の手続きを進めさせて頂きます。 定款変更サポート ¥35,000~ お客様と面談後、事業目的・商号・本店所在地の変更をはじめ、登記事項ではない内容についての変更に関する書類を作成致します。 (議事録・新定款の作成含む) 内容により料金は異なります。詳しくはコチラ↓をご覧ください。 【定款変更や議事録作成など各種変更手続き】 議事録作成サポート ¥30,000~ お客様と面談後、役員変更などに必要な議事録などの書類を作成致します。 内容により料金は異なります。詳しくはコチラ↓をご覧ください。 【定款変更や議事録作成など各種変更手続き】 契約書作成サポート ¥30,000~ お客様と面談後、書類を作成致します。 なお、ライセンス契約やFC契約など、案件により詳細なヒヤリングやコンサルティングが必要な場合もあり、金額は異なります。 建設業許可申請 (新規知事許可) 個人:¥120,000 法人:¥150,000 お客様と面談後、諸々の手続きを進めさせて頂きます。 宅建業免許申請 (新規知事) 個人:¥100,000 法人:¥120,000 お客様と面談後、諸々の手続きを進めさせて頂きます。 宅建協会や不動産協会への書類作成は別途料金になります。 風俗営業許可申請 (スナック・クラブ等) ¥200,000 お客様と面談後、諸々の手続きを進めさせて頂きます。 警察・防犯協会等による実地調査も一緒に立ち会います。 規模等により、追加料金が発生する場合もございます。 深夜酒類提供飲食店営業 営業開始届出 ¥100,000 お客様と面談後、諸々の手続きを進めさせて頂きます。 規模等により、追加料金が発生する場合もございます。

ご依頼の流れ(会社設立サポートの場合)

Source: https://keiei-visa.com/setsuritsu-kaigai/

別れさせ屋 茨城屋