Recycling tradition through the Akita Maiko | Chinatsu Mizuno | TEDxTohoku

Recycling tradition through the Akita Maiko | Chinatsu Mizuno | TEDxTohoku

会社設立 秋田県

Recycling tradition through the Akita Maiko | Chinatsu Mizuno | TEDxTohoku

詳細について 会社設立 秋田県



秋田県で会社設立ならおまかせください。

秋田県での独立起業・法人設立・法人成りをご検討されている皆様へ。 はじめまして、東京・銀座の「おのざと行政書士事務所」の小野里 孝史と申します。

本日は、多くのサイトの中から「会社設立マイスタイル」をお読み頂きまして、ありがとうございます。

この「会社設立マイスタイル」は、 「東京から全国の起業・創業を目指している方を応援したい」 という熱い想いで立ち上げ、多くの皆様に支えられて10年目を迎える事ができました。

価格だけ見れば、他にも安い代行事務所がある中で、当事務所が全国の皆様に支持されている理由。 それは、「お客様の事業内容や将来への展望等をじっくりとお聞きした上で、お客様一人ひとりに合った最適な組織スタイルの会社設立をお手伝いさせていただく」という当事務所のポリシーへの共感だと考えています。

東北地方のひとつで日本海に面する秋田県は現在の人口は約110万人で、県庁所在地は秋田市です。

観光地としては、世界遺産の「白神山地」を始め、十和田八幡平国立公園、男鹿国定公園などに毎年多くの観光客が訪れています。 また東北三大祭りのひとつである「竿燈」も多くの観光客で賑わっています。

秋田県の食文化としては、「きりたんぽ」「ハタハタ」などが有名です。 その他、「なまはげ」「かまくら」等も秋田県を代表する文化として知れわたっています。

◆秋田県で起業する際に知っておきたいこと

公益財団法人あきた企業活性化センターでは、創業・起業家や新事業分野進出を目指す意欲的な企業に、事務スペースを提供し、インキュベーション・マネジャー等による創業後の経営支援を行うなど様々な活動を行っております。

秋田県の産業別就業者割合(平成24年データ)は、 農業・畜産業・水産業等の第1次産業就業者が約11% 製造業・工業・建設業等の第2次産業就業者が約27% 観光産業・小売業等の第3次産業就業者が約62% となっていて、他の都道府県と比べて第1次産業の比率が高いのが特徴です。

秋田県で起業される方は、秋田市などの商業地域が多いです。

◆秋田県で会社設立する際に知っておきたいこと

法人登記申請する際の秋田県全域を管轄する法務局(登記所)は、秋田地方法務局・本局になります。 公証役場は、秋田県内に秋田公証人合同役場、能代公証人役場の2箇所あります。

法人の設立や起業をご検討中の方で、 「秋田市で友人と株式会社を登記しようと思っている」 「能代市で友人達と合同会社で起業しようと思っている」 などの方は、どうぞ全国対応の当事務所にお気軽にご相談下さい。

◆おのざと行政書士事務所は、 *全国対応しております *料金も全国一律の明朗会計です *現在まで全国約600社の会社設立代行の実績があります ですので、秋田県で独立起業・法人設立・法人成りをご検討中の方も、ご安心してご相談・ご依頼下さい。

安心と実績の当事務所が、あなたの大切な起業の第一歩をお手伝いさせて頂きます。

Source: http://www.kaisha-mystyle.jp/akita/



 秋田県湯沢市、千葉県千葉市、静岡県浜松市、佐賀県多久市、長崎県島原市は11月24日、シェアリングエコノミーによって地域課題の解決を目指す「シェアリングシティ宣言」を発表した。翌11月25日に開催される国際ビジネスカンファレンス「シェア経済サミット」に先立ち、シェアリングエコノミー協会が主宰するイベントにて発表された。

 シェアリングエコノミーとは、場所やモノ、人のスキルなどの遊休資産を、インターネットを介して個人間でシェアすることを指す。シェアリングシティは、これらの遊休資産の活用や、シェアリングエコノミー事業者との連携によって、空き家や空き店舗の増加、子育て・教育環境の未整備といった地方の課題を解決するために取り組む自治体のこと。海外では韓国のソウルや、オランダのアムステルダムなどが先行した取り組みを実施している。

 世界に先駆けて本格的な人口減少社会に突入している日本は、地方自治体の少子高齢化や人口減少、財政難など、さまざまな問題を抱えている。しかし、いまある問題をすべて公共サービスで解決するにはリソースが足りないと、シェアリングエコノミー協会代表理事でスペースマーケット代表取締役 CEOの重松大輔氏は話す。「地方やインフラが追いつかないところは、みんなで助け合っていかないといけない時代に突入した」(重松氏)。

 シェアという概念を導入することで、「公助」ではなく「共助」によって解決する必要があると、シェアリングシティ宣言に参画した各自治体は考えているという。シェアリングシティの認定条件は、シェアリングエコノミー協会に入会している企業のシェアサービスを2つ以上導入すること。条件を満たす自治体には協会から認定マークが授与されるという。2017年度中に30自治体の参画を目指すとしている。

 現在、シェアリングエコノミー協会には約120社が参画しているという。地方自治体の課題の解決策としては、クラウドソーシングサービスの「クラウドワークス」や「ランサーズ」「ココナラ」を活用した雇用創出や、家事代行の「エニタイムズ」やベビーシッターマッチングの「キッズライン」による子育てがしやすい環境づくり、配車アプリ「Uber」による代替交通手段の創出、空き部屋シェア「Airbnb」による観光振興などを想定している。

 今回、シェアリングシティ宣言をした5自治体も、子育てや不動産、観光など、さまざまな形でシェアリングエコノミーサービスを活用しているほか、今後も新たな取り組みを進める予定。

 秋田県湯沢市は、人口が5万人をきり、少子高齢化率も35%を超えていることから、子どもの送迎や託児を顔見知り同士で頼りあう「AsMama(アズママ)」を活用して、子育て世代の住みやすい街づくりを目指すとしている。千葉市は、市内に幕張メッセなどがあることから、場所シェアサービス「スペースマーケット」と連携して、MICE(国際会議や展示会)誘致のための施設利用を促進するほか、体験型観光プラン「千葉あそび」と日帰り観光体験サービス「TABICA」の連携などをする。

 静岡県浜松市は全国で2番目の面積を誇る。スペースマーケットやTABICAと連携して、市北部の中山間地域の観光プランを提供するほか、遊休資産を活用して新たな交流人口を生み出す。また、4月からスペースマーケットに市の職員を出向させ、シェアリングシティ推進人材を育成しているという。長崎県島原市は、10月に経営視点にたった観光地域作りを目的に「島原観光ビューロー」を設立している。今後は、島原城などの施設をスペースマーケットに掲載して全国にPRし収益化を目指す。

 佐賀県多久市は、人口が2万人をきり、働く場所が少ないという問題を抱えているという。そこで、クラウドワークスと連携して、在宅でもできる仕事を提供する。また、多久市ローカルシェアリングセンターを設立し、若者や子育て世代だけでなく、ITリテラシーの低い高齢者に対してもクラウドソーシングを通じて仕事を提供し、センターを中核としたサポート体制を充実させるとしている。

 同日の記者発表会では、内閣官房IT総合戦略室の松田昇剛企画官によって、政府としてのシェアリングエコノミーに対する考えも語られた。政府は、6月に閣議決定された「日本再興戦略 2016」で、シェアリングエコノミーを重点施策の1つとして推進。官民による「シェアリングエコノミー検討会」の中で、推進策やガイドラインの検討を進めてきたという。

 11月4日に公開された中間報告書では、シェアリングエコノミーは不特定多数の個人間の取引を基本としていることから、事故やトラブル時の不安が普及の妨げになっていると指摘。

Source: http://m.japan.cnet.com/story/35092694/?view=mobile

別れさせ屋 静岡県